生田斗真、今年のハロウィンは山田涼介、菜々緒らとセーラームーンの仮装?

最新ニュース

菜々緒/『グラスホッパー』ハロウィン試写会
  • 菜々緒/『グラスホッパー』ハロウィン試写会
  • 浅野忠信、菜々緒/『グラスホッパー』ハロウィン試写会
  • 浅野忠信/『グラスホッパー』ハロウィン試写会
  • 村上淳/『グラスホッパー』ハロウィン試写会
  • 浅野忠信、菜々緒/『グラスホッパー』ハロウィン試写会
  • 浅野忠信、菜々緒、瀧本智行監督/『グラスホッパー』ハロウィン試写会
映画『グラスホッパー』の試写会が10月27日(火)、映画の冒頭シーンに合わせて観客がハロウィンの仮装をするという形式で開催され、生田斗真、浅野忠信、山田涼介、菜々緒、村上淳、瀧本智行監督が来場した。

伊坂幸太郎の作品群の中でも“問題作”と言われる同名小説を映画化。恋人の復讐に全てを懸ける元教師の鈴木、孤独な殺し屋・蝉、相手の目を見ることで自殺に追い込む能力を持つ鯨という3者を中心に事件が展開し、それぞれの思惑が交錯していく。

映画の冒頭、ハロウィンの日に渋谷のスクランブル交差点でのお祭り騒ぎの中に暴走車が突っ込んでいくという全ての発端となる衝撃的シーンがあり、これにちなんで「ハロウィン試写会」の開催となった。会場となった円形のステージとランウェイがついたホールの客席には、悪魔や囚人、魔女、血まみれのナースなど多様なコスプレに身を包んだファンが詰めかけた。

歓声に包まれて登場した生田さんは、客席を見渡し「とってもありがたいけど…気持ち悪い(笑)!」と本音をズバリ。山田さんも血まみれや傷メイクを施したファンたちに驚いた様子で「みんな、どうやって帰るの(笑)?」と首をかしげていた。そんな山田さんに「かわいい!」と歓声が飛ぶが、山田さんは「それは知ってるから」とクールなリアクション。菜々緒さんは「さっき、山田さんと話してて『かわいい』と言われるのは抵抗ないのか? と聞いたら『イヤだ』って言ってたので、今日は『かっこいい』と言ってあげて」と呼びかけ、途端にあちこちから「かっこいい!」という声がわき起こった。

村上さんは血糊に関して「テンションが上がります」と語り、映画の撮影で使われる血糊が実は「イチゴ味」であることを明かす。これに生田さんはノリノリで山田さんに向かい「涼介のキスは何味なんだ?」と尋ねると山田さんは「イチゴ味」と応じ、会場は今度は悲鳴のような歓声がこだました。

この日は、観客からの質問に登壇陣が答えたが、今年のハロウィンの予定やコスプレの希望について質問が出ると、浅野さんは客席を見渡し「みんなを見てたらやってみたいなと思う。楽しそう。メイドの格好とか(笑)」と意欲を見せ、村上さんも「僕も女装してミニスカはきたいです」と中年組2人がノリノリ。菜々緒さんはハロウィンではなく、過去にクリスマス時期に「セーラーマーズになりたい」という友人の希望を叶えるため「セーラームーンの格好をしたことがあります」と少し恥ずかしそうに告白。これを聞いた生田さんは「じゃあ、今年はみんなでセーラームーンやりましょう!」と語り、爆笑に包まれた。

ちなみに、映画冒頭の渋谷駅前のスクランブル交差点のシーンの撮影についての質問も出たが生田さんは、してやったりという表情で「僕らは渋谷の交差点に行ってません。千葉の山奥に渋谷の街を作ってロケしました。実寸大で測って、某コーヒーショップやレンタルビデオ屋も作って、中にお客さんも入れました。誰が見ても(偽物と)分からない自信があります」と明かし、会場は驚きに包まれる。

さらに生田さんはそこでのエピソードとして、エキストラで来たファンに、撮影後に、お礼の思いを込めて手を振ったところ「『キャー』ってなったんですが、涼介に『涼介、お前も手を振ってあげな』と言って、涼介が振ったら『ギャー!!!!』となって…。半端ないな。JUMPしてるぜ! と思いました(苦笑)」と後輩に負けた苦い経験を口にし、再び会場は笑いに包まれた。

『グラスホッパー』は11月7日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top