五郎丸選手、初の芸能イベントに「試合より緊張」

最新ニュース

五郎丸歩選手/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
  • 五郎丸歩選手/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
  • 五郎丸歩選手、SHOKICHI/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
  • 五郎丸歩選手/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
  • 五郎丸歩選手/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
  • SHOKICHI/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
  • 五郎丸歩選手、SHOKICHI/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
  • 五郎丸歩選手、SHOKICHI/『トランスポーター イグニッション』ヒット記念舞台挨拶
ラグビーW杯で日本中を沸かせた五郎丸歩選手が10月28日(水)、都内で行われた米映画『トランスポーター イグニッション』のヒット記念舞台挨拶に駆けつけた。五郎丸選手が芸能イベントに出席するのは初めて。「試合より緊張します」と照れ笑いを見せていた。

「イグニッション(火をつける)」というタイトルにちなみ、W杯での歴史的勝利で日本人のハートに火をつけた五郎丸選手は、「これを機に、皆さんにラグビーに興味をもっていただければ」と喜びのコメント。W杯南アフリカ戦で挙げたトライが、年間最優秀トライの候補になっており、「僕がトライできたのは、ほかのメンバーのおかげ。日本代表全体のトライと捉えている」と謙虚に語った。

リュック・ベッソンが贈る人気アクションシリーズ最新作。“天才運び屋”フランクが、誘拐された父親の命と引き換えに、前代未聞の依頼品=美女3人を送り届けるミッションに挑む。フランク同様に、ボールをゴールに“送り届ける”五郎丸選手は、「どんな障害があっても、しっかり前だけを向いて、目標に進む姿は共通している」と自分を主人公に重ね合わせた。

劇中には「1、名前を聞かない 2、契約厳守 3、依頼品は開けない」という3つの“ルール厳守”が登場するが、「注目していただいた精神統一のポーズですが、ポーズそのものには意味はなく、試合中に自分自身のブレない時間を作るためにやっています」と自分なりのルールを語っていた。

この日は日本版主題歌を歌う「EXILE」SHOKICHIも来場し、「心に突き刺さるものがありました」と五郎丸選手の活躍に、刺激を受けた様子。自身が書き下ろした楽曲「IGNITION」について、「とにかく映画を盛り上げたいという思いで、映画から感じた“熱”を注入した」。一方、五郎丸選手は「映画にぴったりの曲。聞いたら帰りの車、飛ばしそうです」と楽曲に太鼓判を押した。

『トランスポーター イグニッション』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top