セカオザ、女性限定イベントに登場し「いまごろ天国は大パニック」ってどういう意味?

最新ニュース

小沢一敬/『トランスポーター イグニション』公開直前イベント
  • 小沢一敬/『トランスポーター イグニション』公開直前イベント
  • 足立梨花、小沢一敬/『トランスポーター イグニション』公開直前イベント
  • 足立梨花、小沢一敬/『トランスポーター イグニション』公開直前イベント
  • 足立梨花/『トランスポーター イグニション』公開直前イベント
  • 足立梨花、小沢一敬/『トランスポーター イグニション』公開直前イベント
  • 足立梨花/『トランスポーター イグニション』公開直前イベント
リュック・ベッソンが贈る人気アクションシリーズ最新作『トランスポーター イグニション』の公開直前イベントが10月21日(水)、都内で行われ、SEKAI NO OZAWA(セカオザ)ことスピードワゴンの小沢一敬、タレントの足立梨花が出席した。

現在、独特な世界観“セカオザワールド”で新たな魅力を発揮中の小沢さん。この日は女性限定のイベントで、早速「きっといまごろ、天国は大パニックになっているはず」と凡人には一瞬理解できないコメント。その真意は「だって、こんなにたくさんの天使たちがこの地上に舞い降りているんだから」だと言い、足立さん&女性客はポカーン顔だった。

「1、名前を聞かない 2、契約厳守 3、依頼品は開けない」という3つのルールを厳守する“天才運び屋”フランクが、誘拐された父親の命と引き換えに、前代未聞の依頼品=美女3人を送り届けるミッションに挑む本作。同シリーズでスターダムにのし上がったジェイソン・ステイサムから主演の座を継承したエド・スクレイン(海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」)が豪快かつ華麗なアクションに体当たりで挑んでいる。

「カッコいい男と、カッコいい女がカッコいいアクションを繰り広げる。見ればカッコいい時間が過ごせる映画。始まったら最後まであっという間で、ドキドキが止まらない」と小沢さん。一方、足立さんは「女性が見てもカッコいい。特にカーアクションが本当にすごくって!」と興奮気味にアピールしていた。

また、運び屋の3つのルールにちなんで、“恋愛の3大ルール”に話題が及ぶと小沢さんは「まず女性を絶対待たせない。そしてメールやLINEは男で終わる。最後にこういう(公の)場所で、本当のことは言わない」と力説。足立さんが「最後の1つがよくわからない」と首をかしげると、小沢さんは「つまり、最初の2つはウソってこと」となぜかドヤ顔…。

足立さんは、交際相手に求める3大条件として「いつまでも心づかいを忘れない」「一緒にいて安心できる」「私のアニメ好きを許してくれる人」を挙げていた。

『トランスポーター イグニション』は10月24日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top