アンジェリーナ・ジョリー、実在の“不屈の男”を語り涙…絶対に映画化したかった理由とは?

映画

アンジェリーナ・ジョリー監督&ジャック・オコンネル&ドーナル・グリーソン&フィン・ウィットロック/『不屈の男 アンブロークン』-(C)2014 UNIVERSAL STUDIOS
  • アンジェリーナ・ジョリー監督&ジャック・オコンネル&ドーナル・グリーソン&フィン・ウィットロック/『不屈の男 アンブロークン』-(C)2014 UNIVERSAL STUDIOS
  • 『不屈の男 アンブロークン』-(C)2014 UNIVERSAL STUDIOS
  • アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • ジャック・オコンネル -(C) Getty Images
  • 『不屈の男 アンブロークン』(c)  2014 UNIVERSAL STUDIOS
アンジェリーナ・ジョリーが、元オリンピック陸上選手にして先の大戦中に日本軍の捕虜となったルイ・ザンペリーニの激動の半生を映画化した『不屈の男 アンブロークン』。いよいよ2月6日(土)に迫った日本公開を前に、“監督”アンジェリーナのインタビュー映像が到着。共に映画化を喜び、製作を進めた実在の“不屈の男”ルイについて、アンジェリーナが涙を見せながら語ってくれた。

本作の主人公、ルイ・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)はカルフォルニア州トーランス出身でイタリア移民。手の施しようのない不良だった彼は、兄の勧めで陸上を始め、高校生で1936年のベルリンオリンピック5000m競技に出場、アメリカの記録を更新し、一躍英雄となった。彼の夢は1940年に予定されていた幻の東京オリンピック出場だった。だが、その後、第二次世界大戦で爆撃手として搭乗していた飛行機がエンジントラブルに見舞われ、サメが多数現れる危険な太平洋を47日間にわたり漂流、日本軍に見つかり捕虜という皮肉な形で東京の地へ足を踏み入れることに。だが、東京の収容所で待っていたのは、ルイに対し病的ともいえる執着を見せる渡辺伍長(MIYAVI)による虐待。ルイはそれを不屈の精神で耐え抜き、やがて終戦を迎える――。

数奇な運命に翻弄されながらも、自らが信じる道を文字通りの不屈の精神で進んだルイの半生を映画化したアンジェリーナ。原作を読み、「私の中で火がついてどうしても映画化したいと思うようになったの。スタジオを必死に説得したわ」と当時の気持ちを語り、まずは“私には絶対できる”と自分に自信を持つことから始めたという。

さらに、「ルイに会おうとしたら実はご近所さんだった」と語るアンジェリーナ。「私の寝室の窓から見える家に住んでいたのよ。数週間後、監督に決まりルイに会いに行ったら『私は長くないぞ、急いでくれ』と言われたの」と、ルイ本人との初対面をふり返った。

「予算や配役が決まるまで製作の“ゴーサイン”が出ない。だから、急いで俳優選びを始めて、予算を詰めロケ地を選びやっとゴーサインをもらうことができたの。ルイには事前に『製作が決定したら旗で合図する』と約束してた」と話し、ご近所だからこそ分かる合図を決めていたことを告白。「彼が60年間待っていた日だから。すぐブラッド(・ピット)に電話して『旗を揚げて』と頼んだわ。ルイは旗を見てとても喜んでくれた」と笑顔を見せた。

しかし、ルイについて質問されると、「ダメだわ、やっぱり泣いてしまうわね…。素晴らしい人だった」と思わず涙を浮かべるアンジェリーナ。「彼にはキャストの選定の段階から相談していたし、各シーンが仕上がると見てもらっていたの。全部の編集が終わった時は入院していたから、まだ音楽も入ってない映像をパソコンに入れてベッドの上で再生し彼に見せてあげたの」と明かし、「そのときの目の輝きを思い出すわ。彼はもう97歳だった。この世との別れが近づいたときに自分の人生を振り返っているように見えたわ。対空砲火の迫力に驚き、ママの料理に笑顔を浮かべてた。陸上競技の場面も気に入ってくれたわ」と思い出を語った。

「最後にはすべてを見直すことができて、心安らかに逝けたと思うの。自分の人生に誇りをもったはずよ」と涙を見せながらも笑顔を浮かべるアンジェリーナ。戦争という極限状態でどちらかを断罪することなく、人間個人の尊厳を見事に描きった彼女のメッセージは、戦後70年の現在にも通ずるルイの不屈の精神として、受け継がれていくことだろう。


『不屈の男 アンブロークン』は2月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top