【予告編】マレフィセントの娘が歌って踊る!ヴィランズの子どもたちが主役「ディセンダント」

最新ニュース

「ディセンダント」(C) 2016 Disney
  • 「ディセンダント」(C) 2016 Disney
  • 「ディセンダント」(C) 2016 Disney
  • 「ディセンダント」(C)Disney
  • 「ディセンダント」(C)Disney
  • 「ディセンダント」(C)Disney
  • 「ディセンダント」DVDジャケット画像(C) 2016 Disney
『眠れる森の美女』の邪悪な妖精マレフィセントや『白雪姫』の女王イーヴィル・クイーン、『アラジン』の卑劣な右大臣ジャファー、『101匹わんちゃん』の悪女クルエラ・ド・ビルなどディズニーヴィランズ(悪者たち)の子どもたちが登場し、「ハイスクール・ミュージカル」のケニー・オルテガが手掛けた「ディセンダント」のリリースが決定。マレフィセントの娘を演じたダヴ・キャメロンらネクストスター候補が勢ぞろいし、日本での初TV放送でも話題を呼んだ本作から予告編映像が解禁となった。

英語で“子孫”を意味する「ディセンダント」。ハッピーエンドで終わったディズニー映画の“その後”を描いた本作の主役は、マレフィセントのひとり娘・マルをはじめとするヴィランズのティーンの子どもたちだ。

魔法のバリアで覆われたロスト島で暮らすディズニーヴィランズたち。善人たちの住むオラドン合衆国の王ビーストが、ヴィランズたちをこの島に閉じ込めていた。ビーストの息子ベンは、王位継承の儀式を前に、ヴィランズの子どもたちの将来がひらけるようオラドンに呼び寄せる。マレフィセントは自分たちを島に閉じ込めた善人たちへの復讐を企て、生まれて初めて島を出ることを許された娘・マルをはじめとするヴィランズの子どもたちに、フェアリー・ゴッドマザーの魔法の杖を奪ってくることを命じるが…。

ディズニーヴィランズやディズニープリンセスの子どもたちが、続々と実写で登場する本作。ヴィランズの復讐を託された彼らの子どもたちは、親の期待に応えようと一生懸命悪いことをするヒロイン、マレフィセントの娘マルを中心に、「親と同じ“悪の道”を進むしかないのか? 自分たちの手で人生を切り開くことはできないのか?」という彼らの葛藤や心の成長、友情、そして初恋を描いていく。

マルのほかにも、イーヴィル・クイーンの娘でオシャレなイヴィ、ジャファーの息子で運動神経抜群のジェイ、クルエラ・ド・ビルの息子でやんちゃなカルロスといった、悪名高き親を持つ子どもたちの自分探しのオリジナル・ストーリーは必見。さらに、『美女と野獣』のベルとビースト(野獣)の息子や、シンデレラの息子、オーロラ姫の娘など、ディズニープリンセスの子どもたちも続々登場し、その意外なキャラクター設定は新鮮な驚きを与えてくれる。マル役をディズニーチャンネル「うわさのツインズ リブとマディ」で人気上昇中のダヴ・キャメロンが演じるなど、次世代スター候補たちにも注目だ。

また、予告編映像でも分かるように、ポップ、ロック、ヒップホップ、EDMなど、さまざまな音楽スタイルを取り入れたキャッチーな楽曲が本作を彩る。エグゼクティブ・プロデューサー兼監督を務めるのは、マドンナのMVやマイケル・ジャクソンのツアー演出を担当した経験を持ち、監督・振付を務めた「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで社会現象を巻き起こしたケニー・オルテガ。本作でも自ら振付を担当し、選曲にも深くかかわっている。


全米では初回放送から660万人が視聴など驚異的な数字を記録。日本でもディズニーチャンネルで放送後、TwitterなどのSNSで「話すんげえ好きでやばい」「何て言うかもうダンスすごい」「完全にハマった」「見ている間ずっとワクワクが止まらなかった」など称賛コメントが続々と投稿されており、「ハイスクール・ミュージカル」に続く新たなヒット作を予感させている。

「ディセンダント」は5月18日(水)よりリリース。

<「ディセンダント>リリース情報>
DVD 3,200円+税
5月18日(水)発売/デジタル配信同日開始
(C)2016 Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top