「ディセンダント」続編が正式決定! 『リトルマーメイド』アースラの娘も登場

最新ニュース

ディズニー映画の悪役の子どもたちを描いた世界的大ヒット作「ディセンダント」。この度、その続編「ディセンダント2」(仮題)の製作が正式に決定。2017年、アメリカのディズニー・チャンネルにて放送されることが明らかにされた。

「ディセンダント」は、英語で“子孫”を意味し、そのタイトル通り、“もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、10代だったら?”という驚くべき発想から誕生したオリジナル作品。プリンセスやヒーロー、そして悪役たち親子が暮らすオラドン王国を舞台に、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、自分探しがテーマとして描かれ、初回放送は、2015年の全米ケーブルテレビの映画ランキングの第1位を記録し、全米ケーブルテレビのオリジナル映画の視聴者数では歴代5位を記録するなど、驚異的な数字を記録した。

そして今回の続編発表は、ディズニー・チャンネル ワールドワイドの社長兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのゲイリー・マーシュが明かしたもので、「全く新しいレベルでの驚きとミステリーが明らかになる」とゲイリーは語っている。

エグゼクティブ・プロデューサー兼監督には、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで全米ティーンを魅了し、プライムタイム・エミー賞に輝き、前作「ディセンダント」を手掛けたケニー・オルテガが務める。

またキャストには、主人公のマレフィセントの娘・マルを演じたダヴ・キャメロンをはじめ、ディズニーヴィランズの子どもたちを演じたキャメロン・ボイス、ソフィア・カーソン、ブーブー・スチュワート、そして王子ベン役のミッチェル・ホープが続投。

さらに本作には、新たにディズニーの名作『リトル・マーメイド』の悪役アースラの娘が登場することが決定! 演じるのは、ディズニー・チャンネル「天才学級アント・ファーム」に主演する人気女優、チャイナ・アン・マックレーンになることも明らかになった。

なお本作は、来年よりアメリカで放送されるが、日本での放送についてはまだ未定とのことだ。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top