グウィネス・パルトロウの17年越しのストーカー、「無実」の判決が下り釈放へ

最新ニュース

グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ- (C) Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
先日、17年間に渡りストーカー行為を続けていたダンテ・ソイウに対し、グウィネス・パルトロウが涙ながらに証言台で語った件で、ソイウ氏に「無罪」の判決が下った。

ソイウ氏が長年送り付けてきた手紙の内容は、グウィネスの死を願ったり、結婚を求めたり、わいせつだったりで、「恐ろしく、精神的な衝撃が大きい経験」とグウィネスは語ったが、なぜ無罪という判決が出たのだろうか。

彼の弁護士は「ET online」に次のように語っている。「ソイウ氏はオハイオ州で生活保護を受けながら、パソコンでアンジェリーナ・ジョリーやオバマ大統領などのセレブにも手紙を書いている、ただの寂しい人なんです。『脅迫だ』なんて言ってるのはグウィネスさんくらいで、ほかに何か言ってきている人なんていませんよ」。

また、「TMZ.com」の調べによると、陪審員の審議において、最初の投票では「ソイウ氏が危険な人物である」として、有罪が8票、無罪が3票、未決1票だったということだが、最終的に「ラブレターを送っているだけの無実の人」と判断され、評決に至ったという。

幸いなことに弁護士はソイウ氏に2度とグウィネスには手紙を書かせない、自宅のあるオハイオ州から彼女のいるロサンゼルスまで来させないことを約束しているというので、もうグウィネスが怯えるような出来事は起こらないと願いたい。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top