LiLiCo、野獣キャラ確立の理由明かす!今年はポールダンスでセクシー路線へ

最新ニュース

WOWOWオリジナルドキュメンタリー「ノンフィクションW ハリウッドを救った歌声~史上最強のゴーストシンガーと呼ばれた女~」のトークショー付試写会が22日(月)都内で行われ、映画コメンテ-ターのLiLiCoとナレーションを担当した女優の板谷由夏が参加。LiLiCoさんは、現在の“野獣キャラ”確立のきっかけを明かした。

映画『ウエスト・サイド物語』のナタリー・ウッド、『マイ・フェア・レディ』のオードリー・ヘップバーン、『王様と私』のデボラ・カー。彼女たちが劇中で歌うミュージカルソングは、時代を超えた名曲として語り継がれている。しかしそれらは、たった一人の女性によって吹き替えられた歌声だった。番組では数々の名作でスターの歌声を吹き替えたマーニ・ニクソンに密着。彼女の人生に迫ると共に、“ゴーストシンガー”の歴史を紐解く。

LiLiCoさんは「とんでもない天才。発音や訛りを口の動きから真似る。癖のある方のモノマネってやりやすいけれど、さりげなくやって成り切らなければいけない。それができてしまうのが凄い」とマーニさんの才能を絶賛。板谷さんも「同じ人が吹き替えていたとは思わなかった。女優自身ももちろん上手いけれど、マーニの声を聞くと全然違う」と舌を巻いていた。

またLiLiCoさんは、マーニさんの波乱万丈な半生に刺激を受けたようで「今年はポールダンスに挑戦してセクシーな女性になる。モテないキャラはもうやめた」と“脱・非モテ女子”を宣言。ターニングポイントの話になると「“王様のブランチ”を始めた時くらいに、ある人から“LiLiCoって日本人になり過ぎてつまらない”と言われた。それまではスウェーデンから日本に来て、日本人になろうと思っていたけれど、外国人の部分が消えてしまって、自分の個性がなくなっていた。そこからちょっとずつ戻していったら“野獣”になった」と現在のキャラ確立への道のりを回想した。

さらに「芸能界にいる事が自分の人生」と言い切り「生放送番組をやっているので、放送禁止用語が怖い。それを言ったら築き上げてきたものが1秒で消えるから。だから放送禁止用語は普段から言いません。野獣なのにね」と高笑いしつつも、プロとしての自覚を伺わせた。

WOWOWオリジナルドキュメンタリー「ノンフィクションW ハリウッドを救った歌声~史上最強のゴーストシンガーと呼ばれた女~」は、2月27日(土)13時~放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top