小関裕太&森川葵、ゆうばり国際映画祭登壇決定!

映画

『ドロメ【男子篇】【女子篇】』(C)2016「ドロメ」製作委員会
  • 『ドロメ【男子篇】【女子篇】』(C)2016「ドロメ」製作委員会
  • 『ドロメ【男子篇】【女子篇】』(C)2016「ドロメ」製作委員会
  • 『ドロメ【男子篇】【女子篇】』(C)2016「ドロメ」製作委員会
『ライチ☆光クラブ』の内藤瑛亮監督が、若手俳優陣を迎えて贈る“青春ダブルアングル・ホラー”『ドロメ【男子篇】【女子篇】』。この度、ワールドプレミア上映される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にて主演の小関裕太と森川葵、そして内藤監督が登壇することが明らかになった。

紫蘭高校演劇部2年の小春と実夏、3年で部長の絢、同じく3年の栞菜、国語教師で顧問の持永は来年からの統合が決まっている山の上にある泥打高校へ向かう坂道を上っていた。坂の途中泥まみれの観音像と行方不明者を探す張り紙を見つけるが、そんなことよりもこれから始まる男子との出会いに胸をときめかる女子部員たち。いよいよ泥打高校の正門に辿りつくと、そこには同じく女子への期待が最高潮の2年の男子演劇部、陸と龍成、颯汰そして理科教師で顧問の桐越が待ち受けていた。そして、小春と颯汰はお互いの存在に気付いてしまう。

合宿は厳しくも楽しく進んでいくが、突如として小春を襲う見えない力や、消しても現れる不気味な壁の染みなど不可解な現象が次々と起こり、次第に不穏な雰囲気に包まれていく。夕飯を皆で食べているとき、泥打高校の女性教師・山岸が行方不明になっており、それが坂の途中で女子たちが目にした張り紙の人物であること。そして、それが古くから村に言い伝えられている“ドロメ”の仕業であることが桐越によって明かされていくのだった…。

本作は高校演劇部の合宿を舞台に同じ時間軸で進行する男子、女子の物語を2つの視点、2本の作品として描く新感覚の“ダブルアングル・ムービー”。【男子篇】の主演を「ごめんね青春!」で一躍注目を浴び、その後もドラマ、映画、舞台に出演する小関さん。そして【女子篇】の主演を、現在放送中の月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に出演中の森川さんがそれぞれ好演している。監督には作品が発表されるたびに物議と賞賛を巻き起こし、様々な注目を集める若手監督筆頭の問題児・内藤監督が務める。

北海道・夕張市で毎年開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」は、ホラー、ファンタジー、アクション、サスペンスなど、イマジネーションとエンタテインメント性豊かなファンタスティック映画を対象とした映画祭で、今年も2月25日(木)~29日(月)まで開催される。本作は、そのうち26日(金)に【女子篇】、27日(土)に【男子編】の上映が行われ、主演を務めた小関さんと森川さん、そして内藤監督が登壇する予定だ。

『ドロメ【男子篇】【女子篇】』は3月26日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて2作品同時公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top