18歳の現役女子高生監督が「ゆうばり映画祭」審査員特別賞受賞!

最新ニュース

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」のクロージングセレモニーと授賞式が2月28日に開催され、18歳の現役女子高生で、女優としても活動している松本花奈の監督作『脱脱脱脱17』に審査員特別賞が贈られた。

受賞が発表されると松本監督は壇上に上がり、トロフィーと賞状を受け取ったが、感極まって涙! 「作ってよかったなと思います!」と涙をぬぐいながら喜びのコメントを口にした。

松本監督は1998年生まれの18歳で現在、高校3年生。小さいころから女優としても活動しており、竹内結子主演の映画『サイドカーに犬』では、母親が出て行ってしまった家に突然やってきた奔放な女性(竹内さん)に憧れる小学生の少女を好演。このほか『日輪の遺産』、ドラマ、そして映画にもなった『鈴木先生』『絶叫学級』などにも出演している。

一方で、女優としてだけでなくクリエイターとしても頭角を現しており、2014年に仲間たちと撮った初長編映画『真夏の夢』は高校生のための映画コンクール「映画甲子園」の最優秀作品賞を受賞し、ゆうばり映画祭2015でもフォアキャスト部門にて上映された。その後も、竹友あつきの楽曲「ワレモノ注意」のミュージックビデオが「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」に出品されるなど、10代の新鋭監督として注目を浴びてきた。今回、映画祭のメインの「ファンタスティック オフシアター コンペティション」部門の9作品にノミネートされ、見事に審査員特別賞に輝き、その才能を見せつけた。

『脱脱脱脱17』はクラウドファンディングで製作費を集めて製作された高校生活最後を飾る作品。34歳にして、ワケあっていまだに高校生をやっているノブオとそのクラスメートで嘘泣きが得意なリカコによる青春物語が展開する。

才能あふれる10代から今後も目が離せない! 前作『真夏の夢』は新宿シネマカリテにて特集上映という形で上映されており、本作に関しても今後の展開に注目したい。
《photo / text:Naoki Kurozu》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top