アポなし&突撃取材のマイケル・ムーア、今度の狙いは“世界侵略”!?

映画

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 ー(C)2015, NORTH END PRODUCTIONS
  • 『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 ー(C)2015, NORTH END PRODUCTIONS
  • マイケル・ムーア -(C) Getty Images
  • マイケル・ムーア -(C) Getty Images
超過激なアポなし&突撃取材で銃規制や対テロ戦争、医療など、さまざまな社会問題を独自の視点で一刀両断してきたマイケル・ムーア。その最新作「Where To Invade Next」が、『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』として5月に日本公開されることが決まった。

銃規制をテーマにした『ボウリング・フォー・コロンバイン』で米アカデミー賞「長編ドキュメンタリー賞」を、対テロ戦争に斬り込んだ『華氏911』でカンヌ国際映画祭「パルムドール」を受賞するなど、国内外を問わず高い評価を得てきたムーア監督。ほかにも、『シッコ』で医療保障、『キャピタリズム~マネーは踊る~』で資本主義と、アメリカ国内に巣食うタイムリーな問題を取り扱ってきたが、待望の最新作はどこかが、何かが違っている!?

本作で彼は、アメリカを飛び出し世界へと旅立つ! しかも、これまで一貫して批判してきたはずの権力側につき、侵略する国に存在する“あるモノ”を根こそぎ略奪し、アメリカに持ち帰るというミッションを課せられることに。なぜ、ムーアは“侵略者”となったのか? いまや昔の、歯に衣着せぬ発言で突撃していくムーアではないのか? “あるモノ”とは何なのか? そして、ムーアの真の目的とは何なのか…?

“侵略”する先々で知ることになる驚愕の事実に、ちりばめられたブラック・ユーモア。そして、決して予定調和で終わらない“侵略”行為。アメリカ人のみならず、日本人から見ても驚きと笑いとある種のカタルシスを届ける、マイケル・ムーアがたどり着いた境地とは? これまで彼が取材し、悩み、問いかけ、追い求めてきた集大成となる本作を見届けてみて。

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』は5月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top