ゆうばり再訪の勝地涼に市民から「前髪クネ男」と歓声!杉咲花&武田梨奈らも到着!

最新ニュース

勝地涼&杉咲花&武田梨奈/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 勝地涼&杉咲花&武田梨奈/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 勝地涼/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 勝地涼/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 杉咲花/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 杉咲花/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 武田梨奈/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 津田寛治/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 黒田勇樹/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」が2月25日(木)に開幕! 夕張に到着したゲストを市民が迎えるウェルカムセレモニーが開催され、杉咲花、勝地涼、武田梨奈、オープニング作品『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山秀幸監督らが夕張市民の熱烈な歓迎を受けた。

ゲストはこの日の午前の飛行機で東京を発ち、昼頃に新千歳空港へ到着。その後、バスで夕張に向かった。ゲストを乗せたバスが着く少し前まで晴れ間が見えていたが、セレモニー直前に雪がちらつき始め、急激に気温が冷え込む。それでも多くの市民が会場に足を運び、同市を舞台にした名作『幸福の黄色いハンカチ』にちなんで、黄色いハンカチを振ってゲストを温かく迎えた。

ゆるくないゆるキャラとして全国区の知名度を得つつあるメロン熊、仮装した市民のおばあちゃんたちも会場前に陣取りゲストに「おかえりなさい!」と声をかける。ちなみに、同映画祭では、初めてこの地を訪れるゲストに対しても、合言葉は「おかえりなさい!」。このアットホームな雰囲気、市民の温かさこそ、一度来たら、また翌年も訪れたくなるというこの映画祭の魅力である。

オープニング作品『エヴェレスト 神々の山嶺』の平山監督は過去の2度、審査員を務めた経験があり、久々の夕張訪問。『エヴェレスト 神々の山嶺』撮影ではヒマラヤで実際に撮影を行ったが、「ヒマラヤも寒いけど夕張も寒いね」と震えつつも市民の歓迎に笑顔を見せた。

目覚ましい活躍を見せる映画人に贈られる「ニューウェーブアワード」受賞の勝地さんは2010年にオープニング作品『シュアリー・サムデイ』を携えて同映画祭を訪れて以来の夕張。市民からは、朝ドラ「あまちゃん」で勝地さんが強烈な印象を残した「前髪クネ男!」という歓声も飛ぶ。同じく「ニューウェーブアワード」の杉咲さんも熱烈な歓迎に笑顔を見せ、市民と交流していた。

このほか、昨年に続いての参加となる武田梨奈、すでに同映画祭の常連となっている津田寛治、また90年代にドラマ「人間・失格」や「ひとつ屋根の下2」などで人気を博した黒田勇樹は今回、監督として作品を出品しており、ノリノリで市民の歓声に応えていた。

この日は、このウェルカムセレモニーに続き、オープニングセレモニーが開催。2月28日(日)には各賞が発表され、29日(月)に閉幕となる。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top