三代目JSB・岩田剛典、27歳を迎え「いよいよアラサー(笑)」

最新ニュース

高畑充希、岩田剛典/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 高畑充希、岩田剛典/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 岩田剛典/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 高畑充希/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 岩田剛典/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 岩田剛典/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 高畑充希、岩田剛典/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 高畑充希/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
  • 岩田剛典/『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』イベント
映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』に主演する岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)と高畑充希が3月6日(日)、イクスピアリ(千葉県浦安市)にて行われたイベントに出席。この日、27歳を迎えた岩田さんをサプライズのバースデイケーキで祝福した。

「図書館戦争」「三匹のおっさん」など映画化、ドラマ化された小説を数多く世に送り出してきた有川浩の恋愛小説を映画化。ごく普通の女の子のさやかはある冬の日、野草に詳しい謎の青年・樹と出会い、奇妙な同居生活を始める。やがて彼女の思いは“恋”になるが、ある日、樹は手紙を残して彼女の前から姿を消してしまう。そこにはある理由が…。

この日、多くのファンがイベント開始前から列をなし、あいにくの天気の中での屋外イベントにもかかわらず、熱い声援を送った。岩田さん、高畑さんはそんなファンに負けじと熱く「盛り上がってますか!」とコール! 会場は大歓声に包まれた。

映画初主演の岩田さんは「元々、原作があり、ファンの方がたくさんいる作品で、自分が樹を演じることにプレッシャーはありました。自分なりに向き合って撮影に臨みました」と語る。高畑さんは「台本を読むと恥ずかしいシーンが入ってて、自分がこれをやるのか! とビクビクしながら撮影初日を迎えました…」と劇中にちりばめられている胸キュンシーンについて振り返った。

一方、岩田さんの方はこうした胸キュンシーンについて「いっぱいどころか、ほぼそういうシーンでしたが(笑)、普段言わないセリフをここぞとばかり楽しんでやらせてもらいました」と余裕の表情。それでも「ポスタービジュアルの撮影の時、(高畑さんに)『はじめまして』と言った1分後には後ろからハグしてまして…(笑)」と戸惑いも! 映画の中で樹が料理するシーンもあるが「オムレツをいっぱい作りました。フライパンを使いすぎて、左手がパンパンで、ライヴに支障をきたしたくらいで…」と意外な苦労を明かした。

高畑さんは、オムレツをはじめ、多くの料理について「おいしかったです」と笑顔で語ったが「ひとつだけ、季節が合わずに冷凍のものを使って、おいしくない植物があったんですが、アドリブで岩田さんがそれを勧めてきた(苦笑)」と暴露。岩田さんは「ドSを発揮しました!」と語り、会場からは笑いがわき起こっていた

そしてイベント終盤、一度、舞台裏に下がった高畑さんが大きなケーキを持って再登場! 岩田さんの27歳の誕生日を、映画にも登場する野イチゴをあしらったケーキで祝福した。高畑さんと観客が見守る中、ひと口食べた岩田さんは「大変おいしゅうございます」と満面の笑み。「この日にこうしてイベントを行って、これだけ多くのみなさんに集まっていただき僕は幸せです。27歳でやりたいことは特にないんですけど…いよいよアラサーですね(笑)」ときたる30代を見据えた。

最後に岩田さんは映画について「優しさであふれている映画で、見ていただいたら恋がしたくなります!」と語り、高畑さんも「クセになる映画です!」と自信のコメント。岩田さんは「風邪をひかないように帰ってください」と雨に濡れながらも声援を送ってくれたファンを最後まで気遣っていた。

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』は6月4日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top