【ドラマニア】恋愛ドラマが大躍進! 1月クールを振り返り「勝手にベスト3」

最新ニュース

有村架純&高良健吾/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 有村架純&高良健吾/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(C)フジテレビ
  • 西島隆弘/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 森川葵/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 高畑充希/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 坂口健太郎/「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」-(C)フジテレビ
  • 三浦翔平、深田恭子、ディーン・フジオカ/「ダメな私に恋してください」制作発表会見
  • 「ダメな私に恋してください」制作発表会見
2016月1月クール、早くも放送終了の時期となりました。今回も全ての作品をチェックさせていただきましたが、登場する“愛の形”は様々! ド恋愛から医療もの、ミステリーまで、幅広いジャンルが出揃っていた印象です。今日はそんな中でも、ドラマニアな筆者が「勝手にベスト3」を発表。いずれも、笑って泣ける…リアルな感情を呼び起こす作品ばかり。僭越ながら、ランキング形式でご紹介して参りましょう。

■第1位:心に響きまくり! “胸を打つ台詞”の嵐
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
視聴率の低迷ばかりが取りざたされ、その点においてのみ唯一残念な作品となってしまいましたが…巷での話題性は群を抜いていたように思われます。通称「いつ恋」、皆さんご覧になっていましたか? 放送と同時、リアルタイムにSNS上で若者たちがTweetを連発。「恋愛あるあるが満載」「台詞がイチイチ胸に突き刺さる」と大盛り上がりでしたよね!

脚本を担当したのが、「Mother」や「最高の離婚」を手掛けたあの坂元裕二氏ということもあり、毎話“胸を打つ台詞”が複数登場。自己より他己を優先する癖がついてしまっている不器用な主人公達…彼らのもがき苦しむ姿は、涙無しでは見られない回ばかりでした。

中でも私の心に非常に強く残っているのが、有村架純さん演じる音に対し、婚約者役の西島隆弘さんが放った一言! 高良健吾さん演じる練への想いを知ってしまっているだけに、自分との結婚は「一番幸せな現実なんだ」と説得するのです。この言葉は、恋愛のみならず全ての選択において言えることなのではないでしょうか。理想を語り出せばキリがない。現実の中で、最も幸せな道を探すのが賢い生き方なのではないか…と。それでも、限界まで理想を目指し続ける素晴らしさがあり、そのせいで傷つく誰かがいる。誰もが抱いたことのあるジレンマを見事この一言にまとめてくださったなとアッパレ感服致しました。

恋に仕事に悩んでいる全ての若者たちへ、この名作を是非一人でも多くの方に見ていただきたいと思います。

■第2位:全ての女性に“恋する希望”を与えてくれた
「ダメな私に恋してください」
同名漫画を原作とするこちらの作品。主演をつとめた深田恭子さんが「可愛過ぎてリアリティに欠ける」というひがみ節を排除させていただけば(笑)、文句無しに面白いドラマでした。何より、笑って泣けるというストーリー緩急が最高でしたね~!

笑える点で言えば、そもそも深田さん演じる柴田ミチコのキャラクター設定がぶっ飛んでいました。30歳独身・肉好き・貢癖有り…この三大要素を最初から最後まで徹底している辺りがとても良かったですね。恋愛面ではなく食事の面でとにかく肉食のミチコは、拾ってきた猫に「A5(肉のランクが由来)」と名付け、寝るときも肉クッションを抱いて眠る。さらに大変なのが、“貢癖”の部分です。薄々詐欺かもしれないと分かっていても、「でも、もし本当だったら可愛そう」という意味の分からない理由で何百万円も借金してしまうダメ女ぶり。ディーン・フジオカさん演じる主任に怒鳴られながらも、「うるさいっ、それが私なんだ!」と対抗するやり取りには、毎週声を出して笑わせてもらいました。

また逆に泣ける部分で言うと、そんな天真爛漫なミチコでも、恋愛に本気で苦悩している姿が垣間見えるシーンの数々。「彼氏を作りたいけど、方法が分からない」「あの人みたいに、みんなに好かれる女性になりたい」自分だけが不幸な気がしてしまう日常のちょっとした出来事の中で、悩んでいるのは私だけじゃないんだと気づかせてくれるリアルな描写が魅力的でしたね。全体を通して、非常に良いアクセントとなっていたのではないでしょうか。
全ての女性に“恋をする勇気”を与えてくれる、ほっこり温かいドラマと出会えた気が致します。

■第3位:親子の愛、友情の素晴らしさがジワジワくる
「家族ノカタチ」
そして最後がこちら。「SMAP」の香取慎吾さんが、39歳・独身の“結婚できない男”を熱演した「家族ノカタチ」です。ご本人が情報番組で、「ナレーションの部分は、僕自身の心の声かと思うくらいリアルだった」と語るくらい等身大に近い設定が魅力の本作。失礼ながら言わせていただくと、地味な内容なのについついチャンネルを合わせてしまうドラマでしたね。やみつきになるというか…。具体的には、先に挙げた二作品のような恋愛ドタバタ展開に加え、家族・友情というハートフルな要素が丁寧に色濃く描かれていた印象です。

物語の主軸となるのは、西田敏行さん演じる父親との親子喧嘩シーン。「自分で稼いだ金で買った自分の城だ! 文句は言わせない、誰も入ってくるな」と豪語する主人公・大介に対し、「細かいことは気にするな! そう怒るな、いいじゃねえか」と無理矢理プライベートに入り込もうとする父・陽三。最初は見ていて、「西田さんちょっとウザキャラかも?」と思っていたのですが、後半に入り事態は急転。陽三の体調不良が垣間見える度、「大介、もっと優しくしてあげて!」と助言したくなってしまいました。…ですが、現実はドラマと違うから切ないところ。カットが変わって、父の独り言なんて聞けないじゃないですか。自分の死期を悟り、頑固な独り者息子の周りに、新しいカタチの家族を作ろうとした父の思い…。リアルな世界ではなかなか汲み取ることが難しい親の愛を、客観的に学ばせてもらう素晴らしい作品になったのではないでしょうか。西田さんの名演技は、必見! そのほか、豪華キャストのサポートも堪能できる充実した一作となっています。

以上、ドラマニアが厳選する2016年1月クールまとめでした。続く4月クールも、もうまもなくスタートとなります。お楽しみに~!
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top