『貞子vs伽椰子』主題歌は聖飢魔IIに! デーモン閣下「人間界の者ども」にコメント

映画

『貞子vs伽椰子』feat.聖飢魔II (C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
  • 『貞子vs伽椰子』feat.聖飢魔II (C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
  • 山本美月/『貞子vs伽椰子』(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
  • 『貞子 vs 伽椰子』(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
  • 『貞子vs伽椰子』(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
  • 『貞子vs伽椰子』ティザーポスター (C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子という、ジャパニーズ・ホラーの2大“最恐女子”が世紀の対決を果たす『貞子vs伽椰子』。このほど、本作の主題歌を、今年2月の日本武道館公演を最後に地球での活動を再び休止していた「聖飢魔II」が手がけることが決定。デーモン閣下から、貞子と伽椰子、そして俊雄を従えた特別コメント映像が到着した。

偶然手にしたビデオデッキを再生した女子大生・有里(山本美月)。そこには、観るもおぞましい映像があった。それは、観た者は貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという“呪いの動画”。一方、親の転勤で引っ越してきたばかりの女子高生・鈴香(玉城ティナ)は、向いの空き家が気になっていた。それは、入ったら行方不明になるという噂の“呪いの家”。その2つの呪いを解くため立ち上がったのは、霊媒師・経蔵(安藤政信)。彼が企てた秘策は、拮抗した力を持つ貞子と伽椰子を激突させ、同時に2つの呪いを滅ぼすという驚くべき計画だった…。

今回、本作と異例のコラボレーションが実現した、ヘヴィーメタル/ハードロックバンド「聖飢魔II」。1999年、デビュー当時の公約通り地球における任務を終了し、いったんは解散したが、昨年は“地球デビュー”30周年を記念して、4度目の再集結となるツアーを敢行。今年2月の武道館2Days「大黒ミサFINAL」を持って5度目の解散を果たし、彼らは再び“魔界へと帰還”していた。

ところが、本作で貞子と伽椰子の対決を聞きつけたデーモン閣下は、構成員を特別に再集結。完全書き下ろしとなる新曲「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」を本作のテーマ曲として、人間界に向けて歌い、演奏することになった。なお、この楽曲は、6月15日に小教典として発布されることも決定している。


ロックバンドの姿を借りた人類最凶の敵である悪魔の集団と、世界中に呪いを撒き散らしてきた霊界の2大ヒロイン。果たして、どのようなケミストリーが生まれるのか、乞うご期待!

<デーモン閣下によるコメント>
人間界の者どもにとって、不吉な知らせだ。

この度、6月に魔界・霊界サミットが華々しく催されることになり、我々がホスト役を司ることになった。この魔界・霊界サミットは、世界中の魔界・霊界のVIPたち―ミイラ男、オオカミ男、ドラキュラ、フランケンシュタイン…などが集まる以外にも、今回は特別招致で異界からケロロ軍曹などもやってくるということで、失敗は許されない。

ところがこの状況において、貞子と伽椰子が非常に険悪な雰囲気になってしまい、両名がすぐに戦わないよう吾輩が魔界からやってきて仲裁役になっているわけだが、両名ともどうしても決着をつけたい、腹の虫がおさまらないと言う。そこで、6月の魔界・霊界サミットにおいて、この両名が戦う場をちゃんと用意しようということで話は落ち着いているわけである。

本来ならば、「聖飢魔II」はすでに魔界に帰還していて、人間界での活動は行わない状態であるが、貞子と伽椰子が戦うというのは大変な事態なので、吾輩が「聖飢魔II」を特別要請し、両名の決着の場を華々しい音楽で盛り上げる運びとなった。各構成員とも両名の戦いのために、音楽をつくり、それはそれはイキな曲を用意しているので期待して待つように。

人間どもに不吉なことが次々に起こる魔界・霊界サミットに参加しないという人間どもは、我々から特別ひどい呪いをかけることになっているので十分に注意するように。そして、戦いの場に参加するように。これは最後の警告だ。カッカッカッカッカカカカカ…。

『貞子vs伽椰子』は6月18日(土)より全国にて公開。

小教典(シングルのようなもの)「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」は6月15日(水)より発布(発売)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top