【シネマカフェ的海外ドラマvol.347】人気スターのあの頃part1…N・ホルト&J・オコンネル出演「スキンズ」

海外ドラマ

ニコラス・ホルト&ジャック・オコンネル - (C) Getty Images
  • ニコラス・ホルト&ジャック・オコンネル - (C) Getty Images
  • ニコラス・ホルト - (C) Getty Images
  • ジャック・オコンネル - (C) Getty Images
  • デーヴ・パテル - (C) Getty Images
  • ハンナ・マリー - (C) Getty Images
  • ジョー・デンプシー - (C) Getty Images
  • カヤ・スコデラリオ - (C) Getty Images
  • ルーク・パスカリーノ - (C) Getty Images
オンラインストリーミングサービスの充実により、日本で観られる海外ドラマはいまや増加の一途。そんな状況を受け、人気ドラマなのに「いままでは日本で観られなかった!」というシリーズが、いつの間にか気軽に観られるようになっていたりもします。

今回からは、ちょっと前の作品だけれど、いま観ても面白い、むしろいまこそ観るべきドラマたちをご紹介。“あの人気スターのあの頃”も見ることができてしまいます!

Netflixの日本上陸で私が個人的に最も歓喜したのは、オリジナル作品でも新作ドラマでもなく、実は「スキンズ」が配信ラインナップに入っていたこと! 「スキンズ」は2007~2013年まで、計7シーズンにわたって放送された英国ドラマです。物語を一言で言うなら、ティーンエイジャーの青春ストーリー。家族から恋愛まで様々な問題を抱える高校生たちが、セックスやドラッグと背中合わせの青春の中で、傷つき、もがき、成長していきます。

2シーズンごとに主要登場人物が入れ替わるのが「スキンズ」の特徴であり、1~2シーズンの登場人物たちを第1世代、3~4を第2世代、5~6を第3世代と呼びます。シーズン7では、それら登場人物の中の3人が、それぞれ大人になった姿を描いていきます。

ブリストルに生きる高校生たちの等身大の青春をヒリヒリと赤裸々に、けれども確かな共感を呼ぶタッチで描いた「スキンズ」ですが、実は登場人物たちも個性的なら、演じる役者たちもいまとなっては超豪華。まず、第1世代には、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のニコラス・ホルトが優等生のトニー役で登場。容姿端麗で、女の子にモテモテで、だからこそ残酷で、孤独なトニーはまさに彼のハマリ役です。そんなトニーの仲間たちも目を見張るキャスティングで、お調子者のアンワールを『スラムドッグ$ミリオネア』のデーヴ・パテル、不思議ちゃんのキャシーを『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』のハンナ・マリー、はっちゃけキャラのクリスを「ゲーム・オブ・スローンズ」のジェンドリーことジョー・デンプシーが好演。“好演”と軽々しく言いましたが、そのほかのキャストも含め、彼らの好演が登場人物たちを魅力的に見せていることは間違いありません。

続く第2世代はトニーの妹・エフィの物語へと移っていきますが、そのエフィを演じるのが『メイズ・ランナー』のカヤ・スコデラリオ。小悪魔だけれど傷つきやすいエフィを巡り、心優しくスウィートなフレディとセクシーな悪ガキ、クックの親友同士が三角関係を繰り広げます。そして、フレディを演じるのが「マスケティアーズ パリの四銃士」のルーク・パスカリーノ、クックを演じるのが『不屈の男 アンブロークン』のジャック・オコンネル! メロドラマティックなダークさを増したシーズン3~4も、リアルなみずみずしさを湛えていたシーズン1~2に負けず劣らず見応えたっぷりです。

白塗りですら女子にモテるニコラス・ホルトの絶対的なキュートさも、ジャック・オコンネルのそこはかとない色気も、すべてはここから始まった! とも言える「スキンズ」。気軽に観られるようになったいまこそ、観てほしいタイトルです。
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

特集

page top