高橋メアリージュン&日南響子、“ヤバイ女2人”の魅惑的な写真が公開! 『シマウマ』

映画

『シマウマ』(C)2015東映ビデオ
  • 『シマウマ』(C)2015東映ビデオ
  • 『シマウマ』(C)2015東映ビデオ
  • 『シマウマ』(C)2015東映ビデオ
  • 『シマウマ』(C)2015東映ビデオ
小幡文生による“絶対に読んではいけない漫画”を竜星涼をはじめ、須賀健太、加藤雅也ら個性派キャストを迎えて贈る『シマウマ』。この度、本作に登場する日南響子と高橋メアリージュン、闇社会を生き抜く“ヤバイ女”の魅惑的な場面写真が到着した。

「美人局」で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫(竜星涼)は、ある日ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、“回収屋”の“ドラ”として、禁断の世界へ足を踏み入れることになるが…。

原作は、 2010年より「ヤングキング」(少年画報社)にて連載、累計発刊部数約 150万部を超える人気を誇る同名コミック。現代社会の暗部を強烈に切り取りながら身近に潜む闇を炙り出すダークな世界が繰り広げられている。監督には『探偵はBARにいる』シリーズなど、数多くの話題作を手がける橋本一。また脚本は、『凶悪』で第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞している高橋泉が手掛けた。

キャストには、他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”の世界へ足を踏み入れる主人公・ドラ/倉神竜夫役の竜星さんをはじめ、回収屋の一員で“ジョーカー”のような奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカ役に須賀さん、回収屋の紅一点で敵か味方か分からない“ミステリアス”な女・キイヌ役に日南さん、回収屋を取り仕切る謎に包まれた“ボス”の男・シマウマ役に加藤さん、そのほか、高橋さん、天乃舞衣子、脇知弘、松田賢二、福士誠治など、癖ある原作にも負けない面々が脇を固めている。

怨みを抱えた依頼の代わりに、死よりもつらい制裁を与える回収屋たちの仕事は、血で血をぬぐう残虐なもの。そんな暴力シーンの多い本作の中で、グラビアや女性誌モデルとしても活躍している美女2人が、男性キャストたちに負けず劣らず体をはった演技が高く評価されている。

今回到着した写真は3枚。セクシーな姿だが、ぐったりとしただ一点を見つめる高橋さんと、髪を鷲掴みにされ、鋭い睨みを聴かせる日南さん。そして高橋さんは、白い服に身を包み、足を拘束され、顔には包帯、もはや誰だか分からない状態の写真も公開された。一体彼女たちの身に何が起こったのか。女優魂を感じる場面写真となっている。

キイヌ役の日南さんは「なかなかクレイジーな内容でしたので、コレが映像になったらどうなるのだろうかと、現場に入る前から楽しみにしておりました。原作のキイヌとは(容姿が)少し違いますが、それもあってなのか、とても演じがいがありました」と撮影をふり返り、彩役の高橋さんは「私はいつも希望を持って生きてきた方なので、希望を持ったことない役を演じるのは難しく、とても勉強になりました。そして周りの復讐劇が恐ろしすぎて悪いことはしちゃいけないなと改めて思いましたね(笑)」とコメントした。

『シマウマ』は5月21(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top