『テラフォーマーズ』伊藤英明&三池監督の“オタク”な一面が明らかに!?「しゃべくり007」

最新ニュース

伊藤英明と三池監督「しゃべくり007」
  • 伊藤英明と三池監督「しゃべくり007」
  • 伊藤英明「しゃべくり007」
  • 伊藤英明と三池監督「しゃべくり007」
  • 伊藤英明と三池監督「しゃべくり007」
「ネプチューン」「くりぃむしちゅー」「チュートリアル」が毎回ゲストとともにトークを繰り広げる「しゃべくり007」が25日(月)今夜放送され、ゲストに4月29日(金・祝)から全国公開される映画『テラフォーマーズ』から主演の伊藤英明と三池崇史監督が出演する。

今回は「年に3本映画制作をする」という三池監督が自らの映画に対する考え方などについてもトーク。昨年3月公開の『風に立つライオン』、6月公開の『極道大戦争』、そして『テラフォーマーズ』と過去1年間で3作の映画を手がけた三池監督のパワーがどこから来るのか。その一端が垣間見られそうだ。

「実はオタクなんです007」コーナーでは、2人がそのワイルドな見た目とは異なる“実はオタク”な一面を紹介。伊藤さんは「実は水オタク」ということで、スタジオで水の飲み比べに挑戦するが…その結末は放送をお楽しみに。

また日本テレビ系で放送中のドラマ「ゆとりですがなにか」に出演中の加藤諒もゲストとして登場。加藤さんの特徴的な眉毛について子供のころの写真も紹介しつつトークするほか、企画では「この仕事 やる? 断る? 007」ということで「今後俳優としていったいどこまでの仕事がOKなのか」その仕事観を探っていく。


『テラフォーマーズ』は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックを三池監督が実写映画化。

伊藤さんのほか、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬、加藤雅也ら豪華キャストの共演や、主題歌を「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」が担当することでも注目が集まっている。

物語は人口爆発を迎えた人類が火星移住計画のためコケと<ある生物>を火星に送り込むが、500年後、送り込んだ<ある生物>は人型に異常進化したテラフォーマーへと姿を変え、駆除のために火星に到着した伊藤さん演じる小町小吉ら隊員15人に襲い掛かる。絶体絶命の状況だが隊員たちの身体には彼らも知らされていないある秘策が仕込まれていた。果たして人間たちは自ら生み出してしまった想定外の“ヤツら”に打ち勝ち、生きて地球へ帰ることができるのか――。

なお29日(金・祝)には初日舞台挨拶を実施。舞台挨拶は全国の劇場でライブビューイングされキャストたちの登壇も決定している。そして映画の前日譚を描くドラマ、dTVオリジナル「テラフォーマーズ/新たなる希望」も配信される。

「しゃべくり007」は25日(月)22時~日本テレビ系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top