【3時のおやつ】パリ発スイーツブランド「ユーゴ&ヴィクトール」、表参道ヒルズに日本初出店!

最新ニュース

パリ発スイーツブランド「ユーゴ&ヴィクトール」が表参道ヒルズに日本初出店
  • パリ発スイーツブランド「ユーゴ&ヴィクトール」が表参道ヒルズに日本初出店
  • ユーゴ&ヴィクトール表参道ヒルズ店 外観
  • 「カルネ・シ・ショコラ」書籍や手帳型のオリジナル・デザインのパッケージがアイコン
  • 表参道ヒルズ店限定のケーキ「ガトーサクラ」972円
  • ユーゴ&ヴィクトール表参道ヒルズ店 ショーケースの中にはパティスリーやマカロンなどのスイーツが並ぶ
  • ユーゴ&ヴィクトール表参道ヒルズ店 カフェスペース
パリで注目を集める新進気鋭のスイーツブランド「ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR」の日本初のコンセプトショップが4月22日(金)、表参道ヒルズの1Fにオープンした。

シェフパティシエのユーグ・プジェは、「ラデュレ」やパリで著名な3つ星ホテルの「ル・ブリストル」のペストリーシェフを経験したのち、名門3つ星レストラン「ギー・サヴォア」のエグゼクティブ・パティシエとして腕を磨いた気鋭のパティシエ。素材選びを重視し、有機野菜などの新鮮食材や季節のフルーツを用いることや、古典的なレシピを革新的なデザインに昇華させた斬新な作品を生み出している。

「ユーゴ&ヴィクトール」のアイテムは、知的で文化的なバックグラウンドを持ち合わせた、優雅で上品なムードが漂う。シグネチャーアイテムは、書籍や手帳の形をしたオリジナル・デザインのパッケージにショコラを詰め込んだ「カルネ・シ・ショコラ」などがあり、これは文学や美術などカルチャーがクリエイティブのインスピレーションソースになっていることを表現したものだ。中でも、19世紀のフランスの文豪ヴィクトル・ヒューゴから大きく影響を受け、ブランドのネーミングの由来になっている。

現在、高級ブティックが軒を連ねるパリ7区のリーヴ・ゴーシュへ2010年に本店を構え、同年、早くも2号店をオープン。まるで宝石店のような高級感あふれるシックでモダンな雰囲気のブティックが注目を集めており、ルイ・ヴィトンやディオール、クロエなど、本場パリで数々のラグジュアリーブランドからコラボレーションの依頼が殺到しているという。

今回、表参道ヒルズにオープンした新店舗も、本店の世界観を踏襲したシックでモダンな空間を展開。シグネチャーアイテムの「カルネ・シ・スフェール」や「カルネ・シ・ショコラ」や、フィナンシェ、ヴィジタンディーヌなどの焼き菓子、アイスクリームのほか、日本限定販売のEUオーガニック認証を受けた素材でつくった板チョコ「BIO(ビオ)タブレット」(各1,836円)や、合成着色料不使用でやさしい色合いが上品な「マカロン」(各345円)など、オーガニックにこだわり抜いたメニューの他、パティスリーでは表参道ヒルズ春限定ケーキ「ガトーサクラ」(972円)などのケーキやアントルメ、スイーツとの相性がよい紅茶各種も販売される。

カフェスペースも併設し、イートインも可能。カフェメニューも豊富に展開され、チョコレートドリンクにコーヒー、紅茶、フレッシュジュース、白ワインといったアルコールに、チョコレートパフェやソフトクリーム、フィナンシェ、ケーキ、ボンボンチョコレート各種などのスイーツも店内で楽しめる。

オープンを記念して、4,000円以上(税抜き)を購入すると先着でオリジナルエコバッグがプレゼントされる。パリのクリエイティブなスイーツ最前線をチェックするなら、ぜひこのお店を訪れて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top