大泉洋、レオに勝利し得意満面! 香取慎吾からも続編を熱望されたと明かす

最新ニュース

大泉洋/『アイアムアヒーロー』絶叫上映会
  • 大泉洋/『アイアムアヒーロー』絶叫上映会
  • 大泉洋/『アイアムアヒーロー』絶叫上映会
  • 大泉洋/『アイアムアヒーロー』絶叫上映会
  • 大泉洋/『アイアムアヒーロー』絶叫上映会
  • 大泉洋/『アイアムアヒーロー』絶叫上映会
映画『アイアムアヒーロー』の絶叫上映会が4月28日(木)に開催。上映後には主演の大泉洋が舞台挨拶に登壇し、映画公開前には言えなかった熱い本音トークを展開した。

人々が感染により“ZQN(ゾキュン)”と呼ばれる凶暴な生命体への変異し、次々と人を噛んで感染を広げていくようになった社会で戦うサエない漫画家アシスタントの主人公が“ヒーロー”になっていくさまを描いた本作。

激しい描写でR15指定ということもあったが、公開初週の興行ランキングでは、上位のアニメ作品に次ぐ4位で実写映画では1位。アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオ主演の『レヴェナント:蘇えりし者』よりも上位にランクインした。

大泉さんは「アニメはどうにもなりませんから…」と『名探偵コナン 純黒の悪夢』『ズートピア』、そして盟友・安田顕が声優を務める『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』には白旗を上げつつも「私、プリオ(=ディカプリオ)は抑えちゃいましたからね!」と得意満面。公開前から2人がそれぞれの作品で銃を構えるポーズが似ているとも話題だったが「向こうはクマと戦ってるみたいですが、私はZQNと戦ってますから!」と誇らしげに語っていた。

公開前は、ZQNなどの描写や血まみれのシーン、銃撃戦など激しいシーンについて「拒否反応を起こしちゃいけないと思って」と口には出さなかったが「この映画は怖いんですよ! 生半可な覚悟で観るとダメ」と本音を吐露。「レビューを見ても、5点(最高点)か1点(最低点)ですから。『サイコー!』か『ふざけんな』。勇者だけが観られる映画なんです!」とまくし立てた。

芸能界の人々からも、大泉さんに直接、様々な声が寄せられているようで「香取慎吾くんが『これ続編ないんですか?』と言ってました」と語る。もしも続編があったら出演したいという俳優も多く「松坂桃李くんが『ZQNで出たかった!』と言ってました」と明かした。

ゴールデンウィークを前に、大泉さんはひとりでも多くの観客を引き込もうと、選挙演説のように熱弁をふるう。「世間にはゴキブリと戦う映画(『テラフォーマーズ』)やクマと戦う映画(『レヴェナント』)、ウサギの映画(『ズートピア』)、お尻出す子ども(『クレヨンしんちゃん』)とか大人だか子どもだか分かんない奴が事件を解決する映画(『コナン』)がありますが、そういうのがあふれてる中でもZQNですよ、ZQN! ヒーローがいっぱい出てくる映画も公開されますけど(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』)ヒーローは一人でいい! 何人もいらない! ヒーローは大泉洋ひとりでいい!」と鼻息荒く語り、喝采を浴びていた。

『アイアムアヒーロー』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top