【予告編】キアヌ・リーブス、一夜の快楽が衝撃の“破壊”へ『ノック・ノック』

映画

『マトリックス』シリーズ、『ジョン・ウィック』のキアヌ・リーブスと、ホラー映画界のカリスマ、イーライ・ロスが異色のタッグを組んだ『ノック・ノック』。このほど、家庭的な良きパパが妖艶な美女2人を迎え入れたことがきっかけで破壊と暴力に支配される、驚愕の予告編と本ポスタービジュアルが解禁となった。

平和で理想的な家庭を築いた良き父親エヴァン(キアヌ)。彼は、家族が留守にしている雨の日、家に突然訪ねてきた妖艶な美女ジェネシス(ロレンツァ・イッツォ)とベル(アナ・デ・アルマス)の誘惑に負けたことで、絶望の淵へと追い込まれて行く。一晩の快楽から一転して、理不尽なまでの破壊と暴力を振るう彼女たちの目的とは一体何なのか。そして、エヴァンの運命は!?

理想的な家族を築き上げた良き夫、エヴァンを演じるのは、『ジョン・ウィック』が熱烈な話題を呼び、続編も即決定したキアヌ。本作のプロデューサーとしても名を連ね、キアヌ史上、誰も見たことのない演技に挑戦する。また、エヴァンを誘惑し、絶望の淵に追い込む美女の一人ジェネシスを演じるのは、ロス監督の妻で『グリーン・インフェルノ』で初主演を務めたロレンツァ・イッツォ。彼女が演じるジェネシスとともに、エヴァンを貶める金髪美女のベルには、2015年「世界で最も美しい顔」9位に選出されたアナ・デ・アルマスがエロティックな体当たり演技で挑んでいる。

ついに解禁となった予告篇は、キアヌ演じるエヴァンが“平和”に家族と触れ合うという貴重なシーンで幕を開ける。仕事で都合がつかないエヴァンを残し、妻と2人の子どもは旅行へ。その夜、一人留守番をしている彼の家にノックが響き渡る。彼の元に訪れたのは、雨でびしょ濡れになった魅力的な2人の美女。エヴァンは親切心から彼女たちを家に入れる。そして、異様に距離を詰めてくる美女2人が、エヴァンをあの手この手で誘惑。バスルームに彼女たちの乾いた服を持っていったエヴァンは、「妻もいて幸せなんだ」と理性では拒否しながらも、欲望に負けてしまう。

だが翌朝、エヴァンが目を覚ますと美女たちが豹変! 繰り返される暴力と破壊の渦の中で「僕は人助けをしただけだ!」「良き父、良き夫なんだ!」と必死に訴えるエヴァンを美女2人があざ笑う――。


また、併せて解禁となった本ビジュアルでも、扉の向こうに佇む美女2人の姿と、頬にキスマークがついたキアヌの困惑し、疲弊し切った表情が対照的。“訪れたのは快楽と地獄―。”のキャッチコピーが、見事に本作の世界を表現する。

これまで数々のアクション映画で強敵を倒してきたキアヌが、史上最も苦戦を強いられる予想だにしなかった“敵”。その最強の敵にどう立ち向かうのか、期待が高まる。

『ノック・ノック』は6月11日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top