『ヒメアノ~ル』の森田剛は「怖すぎ」!共演者や業界関係者も絶賛

映画

『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
  • 『ヒメノア~ル』 - (C) 「ヒメノア~ル」製作委員会
  • 『ヒメノア~ル』 - (C) 「ヒメノア~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
「V6」の森田剛が映画初主演を務める『ヒメアノ~ル』。「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実の問題作を完全映画化した本作をいち早く観た業界関係者から、森田さんの演技力に蒼然となったという声が続出。また、共演の濱田岳やムロツヨシ、メガホンをとった吉田恵輔監督も絶賛の声を贈っている。

本作は、平凡な毎日に焦りを感じながら青年・岡田と同僚のサエない先輩・安藤とカフェ店員・ユカとの三角関係を描いた青春ラブストーリー…かと思いきや、連続殺人犯・森田によって、変化のなかった日常が狂気へと満ちていくさまを描く。

本作で森田さんが演じるのは、人間をターゲット(餌)としか思わない連続殺人犯・森田。これまで、蜷川幸雄、宮本亜門、行定勲など、錚々たる演出家の舞台作品で座長を務め、絶賛されてきた彼が満を持して映画初主演を果たした本作では、世間のイメージを大きく裏切る難役で真骨頂を示し、早くも鑑賞者たちを圧倒させている。

また、森田との再会によって事件に巻き込まれる岡田には、au「三太郎シリーズ」CMの“金太郎”でお茶の間でも親しまれる存在となった濱田さん。そして、森田の標的となるユカに佐津川愛美、岡田のキモい先輩にムロさんと、ひとクセある演技派俳優が共演。監督を務めるのは、ユーモラスかつ繊細な人間描写に定評がある吉田監督。『さんかく』を彷彿とさせる前半の微笑ましいラブストーリーから一転、狂気が炸裂するサスペンスに突入するジェットコースター演出を展開。ヴァイオレンス&セクシャルな描写にも挑戦し、R15+指定の問題作を描き切った。

森田さんについて、「もともと芝居が巧いのは知っていた」という吉田監督。「期待というか、安心感を持ってご一緒したんですが、とてもやりやすかったです」と撮影を振り返っている。「ただ今回は、とにかく生々しくリアルに撮ることにこだわっていたので、映画的な華が必要な中、森田というキャラを、どこでもいそうなお兄ちゃんに見せなきゃいけなかった。でも、それを演じる森田くんは身体能力が高いので、なんでもカッコ良くみえちゃうんです。だから、カッコ悪く、とは言わないまでも、普通の人の身体能力ぐらいにセーブしてもらいました」と明かす。「勘がいいので、こちらが言ったことに対し、すぐに対応される方で、現場ではいつもニコニコしていた印象が強いです」と、森田さんの現場での印象を語っている。

一方、過去に大河ドラマ「平清盛」で共演経験のあるムロさんは、「森田くんは大袈裟じゃなく、淡々と狂気めいた演技をしていて、無神経な安藤でもゾッとさせられるぐらい怖かったですし、相手役ができて光栄でした」と語り、濱田さんは「とにかく森田さんが理解しがたい役柄をここまでやり通したところが、この映画の見どころだと思います」と絶賛。

さらに、いち早く本作を鑑賞した劇場スタッフからも、「後半から一変!! 残虐なシーンの連続なのに、殺人犯の彼がどんどん作品に引きずり込んでくれた。そしてあのラスト。森田剛にやられました」「前半のふんわりした感じが一転、後半の狂気の連鎖についていくのがやっとでした! 森田君怖すぎます!!」「森田剛の四散する狂気。登場人物の視点を小気味よく切り替え、日常と剥離できない恐怖と感情がスピードを上げて迫ってくる」「森田剛がスゴい、高速道路の追い越し車線で反対車線すれすれを走るような緊張感がスリリングに展開されていくこの作品もスゴい!」「森田剛の腹の据えた演技がドーンと胸に突き刺さる映画です」「日々映画に囲まれた環境でありながら、これほど引き摺る作品には出会った事がない。森田剛という役者に異様に興味が湧いている!」など、称賛の声が相次いでいる。

イタリア「ウディネ・ファーイースト映画祭」でも熱狂を持って迎えられた本作。日本の観客も、森田さんの容赦ない狂気と暴力の演技に引き込まれることになりそうだ。

『ヒメアノ~ル』は5月28日(土)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top