剛力彩芽、“総理大臣の料理番”役に! 7月期新ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」

最新ニュース

「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」
  • 「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」
  • 「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」
この度、金曜ナイトドラマ枠にて、7月期の新ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」の放送が決定! 主演には、剛力彩芽を迎え、滝藤賢一、高橋一生、小日向文世ら個性豊かな俳優陣が揃った。

低迷する支持率を打破するため、現内閣総理大臣・阿藤一郎と総理大臣秘書官・古賀征二が決断したのは、総理任命の「官邸料理人」の復活。大宰相と呼ばれた吉田茂総理の時代以来、約70年ぶりにそのポジションに見合う人物を選定することとなった。ある出来事をきっかけに料亭で仲居として働く一木くるみ(剛力彩芽)と出会い、彼女に料理人としての天賦の才を見出した古賀は、くるみに阿藤総理の料理番として官邸に入るよう打診。逡巡の末に承諾し、“総理大臣の料理番”となったくるみは、魑魅魍魎が跋扈する総理大臣官邸で、国家レベルのゲストたちに料理を振る舞っていくこととなる。しかし、料理人の世界、ましてや古くからの慣習に染まった官邸は男ばかりの社会。くるみに敵対心むき出しで接してくる官邸食堂の料理長や、その部下たちとのプライドをかけたぶつかり合いを繰り返す中で、阿藤総理の政策、日本の政治・外交に貢献していく――。

原作は、2006年から2010年まで4年に渡って「週刊コミックバンチ」(新潮社)にて連載されていた「グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~」。「信長のシェフ」「大使閣下の料理人」といった、料理人を主人公にした数々の話題沸騰“グルメ漫画”を生み出してきた作者・西村ミツルが、大崎充とタッグを組み描いている。

主人公・くるみ役を演じるのは、これまで探偵、警察官、医師…と様々な役柄を演じてきた剛力さん。本ドラマでは、シェフ役に初挑戦! 剛力さん演じるくるみは、天才的な料理の腕がありながら、その若さと率直な性格ゆえに、周囲から敬遠され居場所を見つけられずにいた孤高のシェフ。料理のことだけを考え続ける、ひと言で言えば“料理バカ”な女性シェフという役柄だが、今回の決定に剛力さんは「これまでにやらせていただいたことのないような役で、台本を読んだ時すごくワクワクしましたし、一木くるみという女の子に出会えるのが、今からとても楽しみです!」と語る。

また、くるみは周囲の反発や嫉妬にも惑わされず、ひたすら料理を追求していくそんな女性。料理はそんなに得意というほどではないけど好きと話す剛力さんは、「しっかり練習してドラマに臨みたいと思います。お料理はまだまだですが、食べることは大好きです(笑)。 やっぱり食べることって幸せな気持ちになりますよね。その瞬間って、すごく笑顔に溢れた瞬間だと思うので、そんな幸せな一瞬をこのドラマでもお届けできたらな、と思います」とコメントした。

主演の剛力さんのほかにも、個性派俳優たちが集結! まず、くるみが仕える現内閣総理大臣・阿藤一郎役には、大河ドラマから医療・刑事ドラマなど様々なジャンルで活躍し、来年公開の映画『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』にも出演が決定している小日向さん。改革を旗印に国民から熱狂的な人気を得て総理大臣の座に就いたものの、改革は思うように進まず、アメリカからは「冷めたスープ」と酷評されてしまう役どころ。そして、くるみを“総理大臣の料理番”として官邸に呼び込む、総理の腹心・政務担当総理大臣秘書官の古賀征二役に滝藤さん。くるみと敵対することになるもうひとりの官邸料理人、官邸食堂総料理長の清沢晴樹役に高橋さん。官邸料理人のひとりでくるみの面倒を見ることになる田村友和役には三宅弘城、と個性豊かで演技派な面々が勢揃い。そのほか、東陽テレビ政治部記者の立花優子役に新川優愛、阿藤総理のひとり娘・阿藤理子役に内藤理沙、官邸事務所職員で古賀の部下である桜井あすか役に松尾幸実も登場する。

総理の食卓には、本格的なフランス料理から、身近なB級創作グルメまで多種多様なメニューがズラリ。見るだけで美味しく、楽しい気分になれるのも、本ドラマの魅力。くるみが紡ぎ出す華やかなメニューの数々と、官邸で繰り広げられる人間模様に彩られた本作は、1週間の疲れを癒やし、週末の夜を美味しく贅沢な時間へと誘ってくれるに違いない。

「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」は7月、毎週金曜日23時15分~テレビ朝日にて放送開始予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top