【独女のたわごとvol.21】“美味しい”ことは、誰かと一緒に食べること…『二ツ星の料理人』

最新ニュース

『二ツ星の料理人』 (C)2015 The Weinstein Company.
  • 『二ツ星の料理人』 (C)2015 The Weinstein Company.
  • 『二ツ星の料理人』 (C)2015 The Weinstein Company.
  • ブラッドリー・クーパー/『二ツ星の料理人』 (C)2015 The Weinstein Company.
  • ブラッドリー・クーパー/『二ツ星の料理人』 (C)2015 The Weinstein Company.
  • 『二ツ星の料理人』 (C)2015 The Weinstein Company.
  • 『二ツ星の料理人』 (C)2015 The Weinstein Company.
気づけば梅雨入り。世の中的にはジトジト雨が続く季節かぁとちょっぴりテンションは下がるのでしょうけれど、お肌的に乾燥より湿気が嬉しい四十路にとっては、それほど嫌な季節ではないものです。

まあ、かび臭い女にはなりたくないですが、男につぎ込むくらいなら自分のために! と去年フンパツして買った、除湿・加湿・空気清浄の三役をこなす我が家のクリアフォースZくんのおかげで、お部屋のなかは快適。約束を守ってくれない男なんかより(はっ、最近の鬱憤がつい…)ぜんぜん頼りになる頼もしいヤツです。そんな今宵もたわごとおつき合いくださいませ。

一人暮らしが長くなると夕食も“外で”、“ひとりで”は当然多いです。ランチはひとりでも夕食はちょっと…と言っていたのは遥か遠い昔で(私にも可愛いこと言っていた時期、あったんです)、今は定食屋もイタリアンも寿司屋も天ぷらも牛丼屋さんも、だいたいひとりで平気になってしまいました。なので、年下女子が「私、勇気がなくてひとりで外食ができないんです」と悩んでいると、なんでも平気になってしまうと大変、できなくていいこと、できない方がいいこともあるのだよ、なんて言ってしまいます(発言後の自分がとても悲しい、寂しい…)。

そんなときは“美味しい”映画を観よう! と、タイトルからして美味しそうな『二ツ星の料理人』を観てきました(本音は、色男ブラッドリー・クーパーのシェフ姿が見たかった)。クーパーの演じる二ツ星シェフのアダムが過去の失敗から立ち直ろうと、パリからロンドンへ場所を移し、三ツ星を目指す再起のドラマです。基本、ダメな男(でも才能はピカイチ)に弱いので、料理の腕は一流だけど性格に問題があるようなアダムタイプは、それだけで「私がなんとかしてあげたい!」と思ってしまうんですが、気分はヒロインですが、それ以上に――気づけば本当の厨房を覗いているかのようなリアルさに見とれてしまっていました。料理も美しかった!

アダムと、彼が引き抜いた女性シェフでシングルマザーのエレーヌ(シエナ・ミラー)の会話のなかに、男と女の違い、独身と家族のいる者の違いを感じたセリフがありました。料理とは何だ? というアダムの問いに「誰かの愛情を維持するもの」と答えるエレーヌ、「(レストランは)栄養をとったり食うだけの場所じゃない、料理のオーガズムを感じる場所だ」と言うアダム。どちらのセリフもその通り。だからこそ、やっぱり食事は“誰かと一緒に食べる”ことが“美味しい”に繋がるのだと、自分の味気ない食生活をふり返り、かなり反省です。

というわけで、近所で見つけたフレンチレストランには、ひとりではなく誰かを誘って美味しい時間を過ごしたいなぁと。素敵男子とのレストランディナーを妄想しつつ(でも、昨日の夕食はコンビニ弁当だった…)今宵はここまで。また次回。

《text:Elie Furuyama》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top