ビートルズに憧れた北欧少年たち描く 『イエスタデイ』公開決定

映画

『イエスタデイ』(C)2014 Storm Rosenberg. All rights reserved. Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Distributed by MAXAM INC.
  • 『イエスタデイ』(C)2014 Storm Rosenberg. All rights reserved. Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Distributed by MAXAM INC.
  • 「ザ・ビートルズ」 - (C) Getty Images
60年代のノルウェーを舞台に、「ビートルズ」に憧れる少年たちを描いた青春映画『Beatles』の邦題が『イエスタデイ』に決定し、10月1日(土)より日本公開されることになった。

ビートルズ旋風が世界を駆け抜け、ノルウェーにも押し寄せていた1960年代半ばの、オスロ。いつも一緒の高校生4人組は、屋根裏で「ビートルズ」の「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のレコードを初めて聴く。彼ら4人は“スネイファス”というバンドを結成し、自分たちも「ビートルズ」のように有名になりたいと夢を見ていた。

ある日、ポールに心酔し、髪型も真似ているキムは、見ず知らずの女の子・ニーナと映画館で出会い、帰り道に突然キスをされる。どこの誰か分からないまま、彼女への想いだけを募らせ、渡しようのないラブレターを書くことに熱中するキム。一方、学校では、ヘビに襲われかけた転校生の美少女・セシリアを助けたことをきっかけに、別の恋が芽生えるのだった…。

本作は、ノルウェーを代表する作家ラーシュ・ソービエ・クリステンセンが1984年に発表し、世界20カ国以上で翻訳されたベストセラー小説を元に映画化。劇中で流れる「シー・ラヴズ・ユー」「レット・イット・ビー」といった誰もが知るビートルズの名曲は、いずれもオフィシャルで許諾されたものが使用されている。

さらに、本作の音楽監督を務めたのは、「テイク・オン・ミー」などの世界的なヒットで知られ、2015 年に再結成したノルウェーのポップバンド「a-ha」の “マグス”の愛称をもつマグネ・フルホルメン。また、『コン・ティキ』や、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales』(原題)でメガホンをとるノルウェー出身のヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドベリが製作総指揮、北欧を中心に活躍する新鋭ペーテル・フリントが監督を務める。

全編を彩るビートルズ楽曲とまぶしい青春の融合に期待していて。

『イエスタデイ』は10月1日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top