広瀬アリス、Acid Black Cherry「L-エル-」映画化で主演!少女から老婆まで

映画

『L-エル-』(C)2016映画「L-エル-」製作委員会
  • 『L-エル-』(C)2016映画「L-エル-」製作委員会
  • 「Acid Black Cherry」アーティスト写真
  • アルバム「L-エル-」ジャケット写真
映画やドラマでの女優業をはじめ、バラエティや番組MCなど多岐にわたり活躍中の広瀬アリスが、絶大な人気を誇るロックアーティスト「Acid Black Cherry」の4枚目のアルバム「L-エル-」原作の映画にて単独主演を務めることが決定。15歳の少女時代から老母時代までを1人で演じきることが分かった。

昨年リリースされた「L-エル-」は、波乱の人生を送ったひとりの女性“エル”の人生を綴った壮大な物語と音楽が絡み合うコンセプトアルバム。「CDショップ大賞2016」の入賞作品に選出され、総計20万枚以上の驚異的なセールスを記録。また、書籍化もされ、音楽アルバムとしてのみならず、ライブ、書籍、そして今回の映画化とその世界観が様々な形で表現されている。

そんな本作で広瀬さんが演じるのはエル役。あどけない15歳の少女時代から老婆姿まで、悲哀と波乱に満ちた女の人生を見事に演じきるという。兄が「Acid Black Cherry」の曲が好きで自身も聞いていたという広瀬さんは「アルバム『L-エル-』を聴いてみて、世の中にはたくさん良い音楽があるのだと感じました。そんな中、偶然にも映画のお話を頂き、一番喜んでくれたのも兄でした」とオファー時の感想を語った。また撮影については、「オールセットで360度グリーンバックの中で撮影をしたりしたので、完成を見ないと自分もどう出来上がるのか分からないのでいまから凄く楽しみです」と話し、「衣装やメイク、全てがいまの時代ではないのでとても独特な世界観になっていて、しっかりと“エル”という女の子の人生を一緒に歩めました」とコメントした。

また、「Acid Black Cherry」yasuは「難産だった『L-エル-』という作品がこんなふうに誰かの心に届き、新しいプロジェクトが動き出していくのを見ると、『L-エル-』もいつのまにか立派に巣立っていったんだな、と感じます。産みの親は確かに『Acid Black Cherry』ですが、僕、そしてABCスタッフの手元を離れて、東宝さんや監督の下山さん、主演の広瀬アリスさんの元で今度はどんなふうに育っていくのか、僕もいまから楽しみにしています」と楽曲について想いを語り、映画化に対する期待を寄せた。

監督には、「B'z」「GACKT」「KinKi Kids」などのミュージックビデオを手掛ける下山天。「楽曲と見事にリンクした繊細かつ緻密に組み上げられた、この壮大なストーリーを映像化することは大きな挑戦であり苦難の連続でした」と苦労を明かすも、「まもなく日本映画の枠を超えた全く新しい映像世界が完成します」と自信を見せている。また主演の広瀬さんについては「カメラ前に立った彼女はまさにエルそのもの」「本番中、何度も彼女の演技に泣いているスタッフたちを見掛けました。実は私もそのひとりです」と絶賛した。

『L-エル-』は2016年秋、全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top