神木隆之介、鬼メイクの長瀬&桐谷に顔色の悪さをイジられ反論!

最新ニュース

宮藤官九郎監督最新作で長瀬智也(TOKIO)主演の『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の試写会が6月20日(月)に開催。宮藤監督、長瀬さんに共演の神木隆之介、桐谷健太、清野菜名が舞台挨拶に登壇した。

好きな女の子にキスもできぬまま死んで、地獄に落ちてしまった高校生が、地獄専属のロックバンド地獄図(ヘルズ)に強制加入!? 閻魔の裁きを受けて現世に転生するチャンスをつかもうと奮闘するが…。

長瀬さんは、撮影中に最も笑ったエピソードとして「隆(=神木さん)の顔色が、地獄に落ちたばかりということで(メイクで)すごく悪かったんですが、本当に悪いのかと思った」と述懐。桐谷さんも「背中をさすってあげたりした」とふり返るが、心配する長瀬さん、桐谷さんらが地獄の“鬼”役ということで全身赤、緑のメイクを施されており、桐谷さんは「(神木さんに)『自分らに言われたくないよ!』『顔色どころじゃないじゃん!』と突っ込まれた(笑)」と明かし、会場は笑いに包まれる。

現場ではたびたび、このやり取りがネタとして繰り返されたそうが、長瀬さんは「顔色がグレーで、スタジオの壁もグレーだったから…」と壁の色と区別がつかなかったとまで言い、桐谷さんは「君たちに言われたくない!」とそのときの神木さんの口調をモノマネで再現。神木さんは「そんな言い方してない!」と苦笑しきりだった。

ちなみに、その桐谷さんも撮影以外の場でたびたび、長瀬さんにムチャぶりをされていたようで、神木さんは「健にい(=桐谷さん)は、長瀬くんにラップのムチャぶりされてて面白かったです」と証言。桐谷さんは、焼肉屋で長瀬さんにラップのムチャぶりをされたことをふり返り「うまいこと返したら、長瀬さんに『お前、やっと汚名を返上したな』と言われて、なんでそんなこと言われなくちゃいけないの? と傷ついた! 基本、(長瀬さんは)ムチャクチャやで!」と苦笑交じりに訴える。清野さんは飄々とした口調で「基本的に、桐谷さんがすごく面白かったです」とざっくりした感想で現場の様子をまとめ、会場は再び笑いに包まれていた。

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は6月25日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top