野村周平、小栗旬と雨の中を激走…緊迫のワンシーン解禁!『ミュージアム』

映画

『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画『ミュージアム』製作委員会
  • 『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画『ミュージアム』製作委員会
  • 『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画『ミュージアム』製作委員会
  • 『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画『ミュージアム』製作委員会
  • 『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画『ミュージアム』製作委員会
  • 『ミュージアム』第1弾キービジュアル (C)巴亮介/講談社 (C)2016映画『ミュージアム』製作委員会
『信長協奏曲』をはじめ主演作をヒットさせている俳優・小栗旬を主演に、『ちはやふる』や新“月9”ドラマ「好きな人がいること」などで活躍する野村周平ら豪華キャストが、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督のもとに集結する『ミュージアム』。このほど、本作の劇場公開日が11月12日(土)に正式決定。さらに、緊迫の場面写真第2弾が解禁となった。

雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして、まるですぐ見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った殺人アーティスト・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次に狙うのは誰か…。そして、犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の目的は?

原作は、その想像を絶する過激描写と、読めば読むほどハマってしまう緻密に練られたストーリー構成、裁判員制度の問題という奥深いテーマも盛り込み、「ヤングマガジン」連載終了後も「ヤバすぎる!」などとSNS上で話題を呼んだ巴亮介氏作の同名コミック。昨年末、小栗さんと大友監督のタッグでの映画化が発表されるや、ネット上で騒然となったこのプロジェクトには、尾野真千子、大森南朋、松重豊など、日本映画界を牽引する実力派俳優が競演を果たしていることでも話題。

そんな中、今回解禁となった最新場面写真は2点。雨の日に起こる殺人事件が、連続猟奇殺人事件と認定され、新米刑事・西野純一(野村さん)が緊迫した面持ちで臨む大規模な捜査会議のシーン、そして激しく降り注ぐ雨の中、犯人を追う沢村久志刑事(小栗さん)と西野刑事のふたりの姿を捕えたシーンとなっている。

野村さんといえば、映画『ライチ☆光クラブ』での主演を皮切りに、『ちはやふる -上の句・下の句-』『森山中教習所』(7月9日公開)、さらにスペシャルドラマ「モンタージュ 三億円事件奇譚」、「好きな人がいること」と今年も大活躍の注目株。本作では、小栗さん演じる沢村とコンビを組み、事件の真相を追うのだが…。

真相に近づけば近づくほど、彼らもまた逆に追い詰められる怒涛の展開と重厚なドラマの行方に、ますます期待が高まる場面写真を、こちらから確かめてみて。

『ミュージアム』は11月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top