『シン・ゴジラ』でも話題 の“リケジョ”市川実日子の存在感!『ミュージアム』

映画

市川実日子『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会
  • 市川実日子『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会
  • 小栗旬、市川実日子『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会
  • 小栗旬、市川実日子『ミュージアム』(C)巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会
現在公開中の小栗旬主演映画『ミュージアム』。今回は、本作で唯一原作にないオリジナルキャラクターである、謎の人物を演じる市川実日子に注目してみたい。

雨の日だけに発生する連続猟奇殺人事件。死体を見せることにこだわる犯人・カエル男は、自らをアーティストと呼び、犯行現場には必ず謎のメモを残す。連続する事件の関連性を捜査する刑事・沢村(小栗旬)と部下の西野(野村周平)は、驚愕の次のターゲットに気づく。カエル男の罠にはまり逆に追い詰められていく沢村。謎の“私刑”執行アーティスト・カエル男は一体誰なのか? その本当の目的とは? そして、沢村が絶望の密室(ミュージアム)で見たものとは…!? あなたは最悪のラストを期待する――。

11月12日(土)より公開を迎えた本作は、週末2日間(12・13日)で興行収入は2億4,449万6,500円、動員数は18万217人を記録し、初登場実写No.1の大ヒットスタートを切っている。

初の主演映画『blue』で海辺の街に住む女子高生役を演じ、モスクワ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。実力派女優として脚光を浴び、その後も『いま、会いにゆきます』、『嫌われ松子の一生』、『めがね』『ジ、エクストリーム、スキヤキ』など話題作に出演している市川さん。また、大ヒット公開中の『シン・ゴジラ』では、化粧っ気がなく常に無表情のまま、まくし立てるような早口で的確な発言をする超個性的なキャラクター・尾頭ヒロミを演じ、注目を集めた。アクの強いキャラクターの魅力に取り憑かれた多くのファンからは、大量の尾頭イラストが投稿されたほか、女性限定で行われた同作の上映では多くのファンから「かわいい」と呼びかけられるなど、その人気は男女問わず。本人も驚くほどの一大現象を巻き起こしていた。

そんな市川さんが今回本作で演じているのは、慈光大学医療研究センターの女医・橘幹絵。またしても“リケジョ”役だが、実は唯一原作にないオリジナルキャラクターである謎の人物だ。

雨の日だけに現れる連続猟奇殺人鬼・カエル男(妻夫木聡)を追い詰めるべく、奔走する主人公・沢村刑事。その事件の鍵を握る人物が市川さん演じる橘なの。そして彼女の元を訪れた沢村が、その真相を明らかにしようと拳銃を突きつけて脅しかけるも、物怖じせずに応対する橘。その後の展開に大きな期待が高まるのはもちろんだが、気になることがもうひとつ。「台本の中に、私の好きな歌が出てきました。明るくて可愛い歌です。普段なら。このミュージアム界ではどんな歌に聴こえてくるのか、作品の完成が…とっても恐ろしいです」と映画完成前に市川さんは本作についてこんなコメントを寄せている。“私の好きな歌”とは一体何をさすのか。映画で見せるメガネ女医姿の市川さんと共に、ぜひチェックしてみて欲しい。

『ミュージアム』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top