【特別映像】緑豊かなアイルランドの大自然を堪能!『フラワーショウ!』

映画

『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
  • 『フラワーショウ!』 (C)2014 Crow’s Nest Productions
エリザベス女王が総裁を務める最も権威ある“チェルシー・フラワーショー”に挑み、史上最年少で金メダルを獲得した実在の女性をモデルにした映画『フラワーショウ!』。このほど、悠大で緑豊かなアイルランドの自然が堪能できる本編映像の一部が解禁となった。

アイルランドの田舎で育ったメアリーは、「自分のデザインした庭で世界を変えたい!」という夢を叶えるため有名なガーデンデザイナー、シャーロットのアシスタントに応募。晴れて採用されるも、高慢で貪欲な彼女にコキ使われた挙句、長年書き溜めていたデザインノートまで盗まれしまい、クビに…。どん底のメアリーがひらめいたのは、毎年世界中から注目される「チェルシー・フラワーショーで金メダルを獲る」こと。わずか8枠に殺到した2,000人の応募者の中から見事合格し、一路チェルシー・フラワーショーへ。しかし、ライバルはデザイン泥棒のシャーロットに、なんとチャールズ皇太子!? 夢の金メダルを目指し、メアリーの挑戦が始まるーー。

『タイピスト!』『大統領の料理人』などを彷彿とさせる、ひとりの女性のサクセスストーリーを描く本作。世界最古の最高峰のガーデニングショーを舞台に、あえて華やかな花を使わず、雑草とサンザシの木だけという型破りなアプローチで挑み、権威主義がはびこるショーの歴史を塗り変えたランドスケープ・デザイナー、メアリー・レイノルズの真実の物語を描く。

夢に突き進む主人公メアリー役を、海外ドラマ「シェイムレス 俺たちに恥はない」などの新進女優エマ・グリーンウェルが好演。彼女に手を差し伸べる植物学者クリスティ役を、“もう1人のトムヒ”といわれる注目の英国美男トム・ヒューズが演じている。

このたび解禁された本編映像では、本作の舞台でもある、豊かな緑と自然が魅力のアイルランドや、訳あって向かったエチオピアの絶景が堪能できる。実際のメアリー自身も、母国の大自然に魅せられ続けており、いまでもアイルランドで暮らしているとか。そんな奇跡の国に暮らすメアリーに日本の印象について聞いてみると、「日本は人と自然との繋がりが深いと感じますし、日本のガーデンも自然の美しさ、その土地がきちんと反映された素晴らしいものだと思います」とコメント。さらに日本庭園については、「日本の自然を感じさせてくれるようなそういう庭造りをされているし、そういう自然の美しさというものを感じているからこそ、つくられている庭であって、だからこそ日本の庭園は美しいのだと思います」と語り、西洋とは全く違った日本庭園にも強い関心を持っている様子だ。



「この映画で、自然の美しさや大切さをしっかりと感じ取って欲しい」と、日本の観客に向け、熱い想いを語っていたメアリー。ひたむきに夢に向かう彼女を後押しした大自然を、こちらからご覧あれ。

『フラワーショウ!』は7月2日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top