『バイオハザード』最新作、『ザ・ファイナル』のタイトルでついに完結!

映画

前作『バイオハザードV:リトリビューション』
  • 前作『バイオハザードV:リトリビューション』
  • 『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』撮影中のローラ
  • ミラ・ジョヴォヴィッチ-(C)Getty Images
  • アリ・ラーター-(C)Getty Images
  • アリ・ラーター&ミラ・ジョヴォビッチ-(C)Getty Images
モデルでタレントのローラがハリウッドデビューを果たすことでも話題の、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のバトルアクション『バイオハザード』シリーズ第6弾となる最新作。そのタイトルが『バイオハザード:ザ・ファイナル』に変更となり、ついに完結を迎えることになった。

原案となったのは、日本から生まれた大人気ゲームシリーズ。ミラ演じる美しきヒロイン・アリスと世界をアンデッド化した元凶アンブレラ社との壮絶な戦いを描き、世界中で大ヒットに。2002年に初めてスクリーンに登場した本シリーズは、1作ごとにスケールとパワーとファンを増殖させ、独自の“バイオワールド”を築きながらも、それぞれ独立した作品としても楽しめることから、多くのファンに熱狂を持って迎えられてきた。

そしてついに、本シリーズの第6弾にして最後の作品となる『バイオハザード:ザ・ファイナル』が、生まれ故郷の日本で12月23日(金・祝)より世界最速公開される。

また、南アフリカのヨハネスブルクとケープタウンで撮影された本作の撮影の裏側をインスタグラムにアップし、早くも大きな注目を浴びているローラ。彼女が演じるのは、アメリカのラクーンシティで発生した人々をアンデッド化するT-ウィルス流出事件を生き延び、その開発元であるアンブレラ社とアンデッドたちの大群を相手に、ミラ演じる主人公アリスと共に最後の戦いを挑む女戦士・コバルト役。アリスと共に物語の行く末に大きく関わる、重要人物となるという。

さらに本作には、Netflixオリジナルドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」で知られ、ネクストブレイク必至のルビー・ローズ、“ラテンのブラピ”とも称される「ビクトリア~愛と復讐の嵐」の超絶イケメン俳優ウィリアム・レヴィ、「ナイトシフト 真夜中の救命医」主演のオーエン・マッケン、韓国の人気俳優イ・ジュンギ、そして「ゲーム・オブ・スローンズ」「ダウントン・アビー」のイアン・グレンらと共に、『バイオハザードlll』『バイオハザードIV:アフターライフ』でクレア・レッドフィールド役を演じ人気を博したアリ・ラーターも登場。

アリスたちと宿敵アンブレラ社との正真正銘の最後の戦いを、この冬、スクリーンで目撃して。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』は12月23日(金・祝)より全国にて公開(全米公開は2017年1月27日)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top