【インタビュー】エミリア・クラーク×サム・クラフリン、『セカキラ』の“化学反応”は本物

最新ニュース

『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
  • 『世界一キライなあなたに』(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved
2016年、世界2億ドル超えの大ヒットラブストーリーとなった『世界一キライなあなたに』が、まもなく日本に上陸する。

舞台はイギリス、古城が佇むある田舎町。主人公は、その町で将来の展望が何もないまま家族と暮らす26歳のルイーザ・クラーク、通称“ルー”。ある日、カフェでの仕事を失った彼女は、“お城”を所有する大富豪の御曹司で、2年前にバイク事故に遭い、車椅子生活を送るウィル・トレイナーの身の回りの世話をする仕事(しかも6ヶ月の期間限定)に就くことに。そして、初めは反発し合っていた何もかも相容れない2人は、次第に惹かれ合っていくのだが…。

世界40か国以上で翻訳され、850万部以上を誇るジョジョ・モイーズの人気小説を映画化した本作。主人公を演じるのは、世界中にファンを持つエミー賞受賞の海外ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」でデナーリス・ターガリエン/“ドラゴンの母”を演じ、本年度で3度目の助演女優賞ノミネートを果たした英国若手女優エミリア・クラークだ。

映画出演としては、サラ・コナーを演じた『ターミネーター:新起動/ジェニシス』、ジュード・ロウ共演『ドム・ヘミングウェイ』(日本未公開)などがあるが、本作では本格的なラブストーリーに挑戦。本作のシーア・シュアイック監督をはじめ、世界的ベストセラーの原作を知る人なら誰もが魅了される、明るく楽天的で、真っ直ぐで、すばらしく独創的な(?)ファッションセンスの持ち主であるルーを、エミリアは見事にスクリーンに映し出してみせた。

一方、事故で脊髄を損傷し、車いす生活を送るウィルを演じたのは、サム・クラフリン。『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』の若き宣教師フィリップに抜擢され、『スノーホワイト』など話題作に出演。2014年のリリー・コリンズ共演『あと1センチの恋』は、日本でも口コミからロングランヒットになった。オックスフォード大学に実在する上流階級クラブをモデルにした『ライオット・クラブ』(原題:Posh)が現在順次公開中で、いま注目を集める英国男子の1人だ。

映画では、エミリア演じるルイーザが、色使いもスタイルも個性的なファッションでレトロなお城を行き来する姿が特に印象的だった。その撮影はどうだったのだろうか?

エミリア:最高よ! 本当に楽しかった! ルイーザがファッションを楽しんでいるのと同じくらい、私もいろんな服が着られてご機嫌だったわ。実は私もファッションが大好きなの。だから今回ファッションでキャラクターを表現できる役にめぐり逢えて本当にうれしかった。衣装デザイナーのジル・テイラーは、古着屋やブランドのショップに足を運んで、とにかくたくさんの洋服を買ってきたわ。すごい体験だったわ。なんというか…。

サム:パーソナルスタイリストを雇ったみたい?

エミリア:本当にそう! 夢のようだった。

また、サムといえば、ジェニファー・ローレンス主演『ハンガー・ゲーム』シリーズでの鍛え上げた肉体美でも知られているが、本作では役柄上、約18キロも体重を落としたとか?

サム:撮影が始まるまでの数か月は苦労したね。大変だったけれど、どうせなら減量を楽しもうとしていたかもしれないな。痩せなきゃいけないことは分かっていたから、体重計に乗るたびに「まだまだいける」とやる気を出していたよ。

その過酷なダイエットは撮影現場でも続いていたそうだが…。

サム:(お菓子の)ミルキーバーボタンズを僕に買ってくれたよね。

エミリア:そうね…買っちゃったわね。

サム:僕がチョコレートが好きだって言ったからね。そうやって、ときどき彼女はお菓子をくれることがあるんだけど、もちろん「食べられないよ!」と言わなきゃいけなかったよ。

エミリア:日曜日は食べたよね。

サム:「これは内緒だからね」とか言いながらね。

と、まるで劇中さながらの仲のよい掛け合いを見せる2人。特にエミリアのその素顔は、屈託のない明るさを放つルイーザそのものに見える。

エミリア:いままでやった役は自分とは全く違ったけれど、ルイーザは自然体で演じられたわ。心がけていたのは、よく笑うようにしていたことくらいかしら。何よりもいつもサムが助けてくれていたし、監督のシーアやスタッフみんながサポートしてくれていたから自然体でいられたのかも。素晴らしいチームだったわ。

サム:演技しなきゃいけないこともあったね。

エミリア:少しだけね。

サム:僕に恋しなきゃいけなかったからね。

エミリア:おっしゃる通り。ねっ、やっぱりちゃんと演技していたでしょ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top