ジェイク・ギレンホール、妻の死から“破壊”に走る無感覚男に…主演作2月公開へ

映画

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.
  • 『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 (C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.
  • ジェイク・ギレンホール-(C) Getty Images
  • ジェイク・ギレンホール - (C) Getty Images
激ヤセして『ナイトクローラー』で映像パパラッチを演じたかと思えば、『サウスポー』では全てを失ったボクサーを熱演したジェイク・ギレンホール。このほど、彼が『ダラス・バイヤーズ・クラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督のもと主演を務めた『Demoliton』が、『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』との邦題で2017年2月18日(土)より日本公開されることが決定した。

ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォール街のエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々を送っている。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で最愛の妻を失ってしまう。

しかし、一滴の涙も流すことができず、悲しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだ? 「心の修理も車の修理も同じことだ。まず、すみずみまで点検して、組み立て直すんだ」という義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして結婚生活の象徴である“家”さえも――。

『ナイトクローラー』の狂気的な演技で人々を魅了させたジェイクが、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』のジャン=マルク・ヴァレ監督とタッグを組んだ本作。すべてをぶち壊してゼロにする…。そんな“破壊”を経た主人公が、辿り着いた喪失と悲しみの果て、そして再生への旅路をエモーショナルな映像で描き出す。

『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞にノミネートされ、『エンド・オブ・ウォッチ』『複製された男』『サウスポー』などで幅広い役柄に挑み、変幻自在な姿を見せてきたジェイクは、本作では妻を亡くしても涙の一滴すら流せず、自らの感情とうまく向き合えない主人公の悲しみと虚しさを、繊細な演技で見事に表現。また新たな表情を見せている。

彼が演じた、身の回りのあらゆるものを“破壊”しながら自分を取り戻していく主人公について、ヴァレ監督は「僕は幸せをつかもうと、もがいている人に惹かれる。人生を再び始めるための、勇気いる旅路はいつも美しいんだ」と、何事にも無感覚になってしまった男の心の迷いに寄り添った本作について語る。

さらに、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくきっかけをつくるシングルマザー役にナオミ・ワッツ、亡き妻の父親役にクリス・クーパーらが脇を固めている。

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』は2月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top