【3時のおやつ】ベイリーズを効かせた大人の絶品ソフトクリーム!「カカオサンパカ」から新登場

最新ニュース

スペイン・バルセロナのチョコレートブランド「カカオサンパカ(CACAO SAMPAKA)」が、日本初出店して今年で7周年を迎えた。これを記念して、オープン当初より人気の「ジャラッツ(ソフトクリーム)」の新フレーバー「ブランコ カクテル」が丸の内本店で販売開始となる。

「カカオサンパカ」は、伝説のレストラン「エルブリ」のパティシエ、アルベルト・アドリアの発案で、「エルブリ」のシェフやパティシエをはじめ、 20数名のスペインを代表するクリエイターたちの出資のもとに、1999年バルセロナに誕生したチョコレートブランド。

1920年創業のスペイン最大のカカオ豆の輸入、チョコレート原料製造会社「Nederland(ネダーランド)」を親会社に持つことから、カカオ豆の選別からチョコレートの製造にいたるまで全工程を一貫して管理することができ、チョコレートの新トレンドである「Bean to Bar(ビーントゥバー)」を大規模な形で展開できる希少なチョコレートブランドのひとつ。

「カカオサンパカ」が店内で提供する「ジャラッツ」の新フレーバー「ブランコ カクテル」は、すっきりとした甘みのホワイトチョコレートに、クリームリキュール「ベイリーズ」とフランス製ブランデーのカクテルを効かせた大人の味わいのソフトクリーム。アイリッシュウィスキーとカカオ、バニラの香りが上品に交わって、尾を引く美味しさ。

価格は450円。11月30日(水)までは期間限定の特別価格300円で提供中。ぜひこの機会をお見逃しなく。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top