ジョセフ・ゴードン=レヴィットが米国最大の機密を暴く 『スノーデン』予告編

映画

米国最大の機密を暴き、世界中から追われた男“エドワード・スノーデン”の半生を描いた映画『スノーデン』。この度、本作の予告編とポスタービジュアルが到着した。

2013年6月――。それは、まさしく世界中に激震が走った瞬間だった。イギリスのガーディアン紙が報じたスクープで、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在が暴露されたのだ。さらに驚くべきは、ガーディアン紙に大量の最高機密情報を提供した人物は、NSA(米国国家安全保障局)の職員であり、ごく普通の29歳の若者だった。匿名ではなく、自らカメラの前に立ち「エドワード・スノーデン」と名乗ったその青年は、なぜ輝かしいキャリア、恋人と築き上げた幸せな人生のすべてを捨ててまで、重大な告発を決意したのか――。

本作は、元CIA職員のエドワード・スノーデンが、国家の機密事項を暴露した“スノーデン事件”を描いたヒューマン・ドラマ。過去に『JFK』『ニクソン』『ブッシュ』と、アメリカ合衆国大統領をテーマにした映画を3本撮ってきたハリウッド随一の社会派監督オリバー・ストーンが、いま映画で最も伝えたかった人物“スノーデン”とは一体何者なのか。史上最大の内部告発劇、スノーデン事件の全貌に迫った衝撃の問題作となっている。

このほど到着した予告編では、母国アメリカのために寄与することを決意した、スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が、CIAでメキメキと頭角を現し、その後全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている実態を知り、驚愕する様子がスリリングに映し出されている。米国政府は、“テロリスト発見のため”という大義名分のもと、不当に一般人のパソコンに侵入し、Webカメラなども自在に起動させることもできた。その対象者は日本人を含めた全世界の人々。この事実を公表しようとしたスノーデンに世界最強の情報機関が迫りくる! 今回の予告編は、その衝撃さがひしひしと伝わってくる映像となっている。


また併せて、「兵士」「ハッカー」「スパイ」「ヒーロー」「愛国者」「裏切り者」などと、スノーデンを形容する様々な言葉が英字で刷り込まれ、スノーデンに扮した眼鏡姿のジョセフ・ゴードン=レヴィットが写し出された日本版ポスタービジュアルも解禁されている。

『スノーデン』は2017年1月27日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top