妻夫木聡、カエル男の覆面で前見えずお尻を強打! スタッフに笑われ「殺意覚えた」

最新ニュース

映画『ミュージアム』が11月12日(土)に公開を迎え、主演の小栗旬をはじめ、妻夫木聡、尾野真千子、野村周平、大友啓史監督が揃って舞台挨拶に登壇した。

『るろうに剣心』シリーズの大友監督が小栗さんを主演に迎え、同名人気漫画を映画化。刑事・沢村は雨の日ばかり起こる、異様な殺人事件を追うが、犯人の魔の手は沢村の家族にまで及び…。

かなり過激でショッキングな描写もあり、話題の本作。小栗さんも体を張った熱演を見せており、ようやくこの日、公開を迎え「何事もなく初日を迎えられてよかったです」と安堵の表情。「いままでやってこなかったチャレンジングなキャラクターです。楽しんでいただけて良かったです」と笑顔を見せた。大友監督は本作について「小栗旬主演ならやると言って引き受けました」と明かし「クライマックスは、簡単に撮れない、強度のある芝居になってます。興奮してハァハァ言いながら撮りました」と自信をのぞかせた。

次々と恐るべき“刑”を実行していく犯人の“カエル男”を妻夫木さんが特殊メイクを施して演じていることも大いに話題を呼んだが、妻夫木さんは「マスクを被って、特殊メイクして、ひとつひとつに手間がかかっています」とふり返り、クライマックスシーンでの屋敷の中での追跡劇について「マスクで前がよく見えなくて、廊下があると思ったらなくて、カメラにぶつかってお尻を強打したんです…」と述懐。「すごく痛いんですけど、周りのスタッフは『何やってんだ、こいつ?』って感じで笑ってるんですよ! こいつら、何かの刑にしてやろうかと思うくらい、殺意を覚えましたね」と恨み節も…。

尾野さんは、衣装用のクリアボックスに入れられるというシーンがあるが「その2日前くらいにトレーニングしてて、すごい筋肉痛だったんですけど、このドS(=大友監督)が何回も同じことをさせるので、私も本当に何かの刑にしてやろうか…」と妻夫木さんに続いて不満を吐露!

一方、野村さんは「僕はずっと吊られての撮影だったんですが楽しかったですよ。文句なんて全然、出てこないです。みなさん『何かの刑に…』なんて言ってますけど、僕は監督へは感謝の言葉しか出てこないです」と先輩を尻目にひとりだけ“優等生”発言で笑いを誘っていた。

『ミュージアム』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top