ボブ・ディラン、ノーベル賞授賞式を欠席へ

最新ニュース

ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
ボブ・ディランが12月10日(現地時間)に行われるノーベル賞授賞式を欠席することになった。

今年のノーベル文学賞にボブを選んだスウェーデン・アカデミーが「前から決まっていた約束があるため行くことができない」というボブからの手紙を受け取ったそうだ。同アカデミー公式サイトが発表した。手紙には「ノーベル賞を受賞できて本当に光栄だ」と受賞への喜びが強調されており、「賞を自分で受け取りに行くことが出来ればよかったのだが…」と授賞式に参加できないことを残念がっている様子もあったそうだ。

アカデミーによれば、受賞者が授賞式に参加しないのは珍しいことではあるが、例外ではないという。過去にはドリス・レッシング、ハロルド・ピンター、エルフリーデ・イェリネクらノーベル文学賞受賞者も授賞式に参加しなかったが、ボブと同じで受賞者であることには変わりない。ボブの代理人として誰が賞を受け取るかなどの詳細は、金曜日(現地時間)に明らかになるようだ。

受賞者としてボブに求められていることはただ1つ。授賞式の12月10日から6か月以内に「講演」を行うことで、アカデミーはそれを「大変楽しみにしています」と公式サイトに綴っている。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top