【3時のおやつ】旬のいちごを満喫!「ヨコハマストロベリーフェスティバル 2017」開催

最新ニュース

「ヨコハマストロベリーフェスティバル 2017」開催
  • 「ヨコハマストロベリーフェスティバル 2017」開催
  • 苺のミルフィユ
  • 苺のババロア
  • 恋する苺のモンブラン
  • 「ヨコハマストロベリーフェスティバル」2016年の様子 エントランス
  • 「ヨコハマストロベリーフェスティバル」2016年の様子 苺の直売所
横浜赤レンガ倉庫では、 2月3日(金)~2月12日(日)まで、「ヨコハマストロベリーフェスティバル 2017」が開催となる。旬の“いちご”に関するスイーツや雑貨、アトラクションを取りそろえ、子どもから大人まで楽しめるコンテンツ満載で展開する。

本イベントは、昨年は22万人が来場した人気のイベントで、今年で5回目を迎える。イベント広場に設置される特設テント「いちごマーケット」では、過去最多の18店舗が出店。「馬車道十番館」や「浅草梅園」など老舗のいちごのスイーツをはじめ、「アトリみなみ台」の「とちおとめのオムレット」や、「グッディフォーユー六本木」の「ストロベリーフロマージュ」など新感覚派のスイーツも勢揃い。甘酸っぱいいちごの美味しさを堪能できる限定商品が多数登場。さらに、横浜赤レンガ倉庫館内の店舗でも。いちごメニューやアイテムが展開され、栃木県産のブランドいちご「とちおとめ」や希少種の「スカイベリー」を使った限定メニューを用意する。

さらに、毎年好評のいちごの無料サンプリングだが、今回は日替わりで「チーバベリー」(千葉県産)、「とちおとめ」(栃木県産)、「ふくはる香」(福島県産)の3種が屋外スペースにて配布される。そのほか、特設テント内にて、横浜市内の農家直売所も設けられ、朝採れの新鮮ないちごも販売される。

旬のいちごを味わいに、横浜まで足を伸ばしてみてはいかが? 週末のお出かけプランに組み込んでみて。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top