木村拓哉、「全力で頑張るのみ」 SMAP解散後初の公の場で決意表明

最新ニュース

元「SMAP」の木村拓哉が11日、都内で行われたTBS系主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」プレミアム試写会・舞台あいさつに登場し、SMAP解散後の思いを吐露した。この日は共演の竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信も来場した。

SMAP解散後、初めて公の場でのイベントに登場した木村。退場時に報道陣が詰めかけると、木村は立ち止まって記者の呼びかけに誠実に対応。「解散後の気持ちは?」と質問されると、「やるべきことをやるのみ」と返答。その後も、「解散する前と何か違いますか?」と尋ねられると、「それはやっぱり変わることもありますけど、今はやるべきことをちゃんとやります」と答え、「どんな1年にしたいですか」という問いには「全力で頑張るのみです」と意欲的な言葉を残した。

本作は、“愛しい人の命”“かけがえのない人生”を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリー。愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く中、 職人外科医として決して諦めることなく、 不器用ながら一途に患者と向き合う主人公・沖田一光(木村)の生き様を描く。

木村は、これまでの医療ものと一線を画す本作の視聴者の反応が気になるようだが、オペを見学するなど役作りに奮闘しており、「最後まで絶対に逃げずにやり抜きたいと思います。どうぞ皆さん、最後まで受け取ってください」とアピール。

松山は「僕が小さい頃から見てきて憧れていた木村さんと、この仕事を始めて映画の勉強をしている時から今でも憧れている浅野さん、二人が同じ作品に出ることは僕の中で大事件」と興奮気味に話すと、「二人の背中を追いかけながら、最後までいけたらなと思っています。最後まで突っ走りたいと思います」と気合を込めた。

「A LIFE~愛しき人~」1月15日(日)21時からTBS系にて放送
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top