アンジェリーナ・ジョリーの養女の実母「娘と話がしたい」

最新ニュース

アンジェリーナ・ジョリー&ザハラ・ジョリー・ピット-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー&ザハラ・ジョリー・ピット-(C)Getty Images
  • アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット -(C) Getty Images
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー
  • ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー-(C)Getty Images
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの養女で12歳のザハラ・ジョリー・ピットの実母が、イギリスの「Daily Mail Online」に登場し、養女に出して以来10年以上会っていない娘と連絡を取りたいと話している。

ザハラの生みの母であるメンテワブ・ダウィット・レビソさんは31歳で、現在エチオピアに暮らしている。彼女はシングルマザーとしてザハラを育てていたが、ザハラは生後6か月だった2005年にアンジェリーナに養女として引き取られた。当時アンジェリーナのパートナーだったブラッドは翌年、ザハラを養女にする法的手続きを行った。

レビソさんは「娘にとっては、私よりもアンジェリーナの方が母親なのでしょう。赤ちゃんのときからずっと一緒ですから。だからと言って、私が彼女を恋しく思わないわけではありません」と言い、「毎日彼女のことを考えています。声を聞いたり、顔を見たいと願っています」「彼女と定期的に連絡を取りたいのです」と語った。

アンジェリーナたちは当初、レビソさんが存命とは知らず、ザハラのことを孤児だと聞かされて引き取ったようだ。アンジェリーナは2006年、CNNのインタビューでザハラについて「あの子はエチオピア出身で、エイズ孤児です」と話していた。翌年にレビソさんは自分が母親であると名乗り出た。

レビソさんは今回の取材で、出産当時は19歳だったこと、性的暴行を受けたうえでの妊娠だったこと、娘も自分も病気で弱っていたと明かし、「養女に出すことに合意しましたが、もう一度チャンスがあれば、彼女を手放しはしなかったでしょう」と話す。ザハラと話ができるよう、アンジェリーナに頼みたいと言うレビソさんは「無理なお願いではないと思います」と語っている。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top