【インタビュー】佐藤勝利×橋本環奈「役を生きる」感覚を味う『ハルチカ』大号泣の舞台裏

最新ニュース

『ハルチカ』(C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • 『ハルチカ』(C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • 『ハルチカ』(C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • 『ハルチカ』メイキングカット(C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • 『ハルチカ』(C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • 『ハルチカ』(C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • 『ハルチカ』(C)2017「ハルチカ」製作委員会
  • -(C)2017「ハルチカ」製作委員会
「環奈ちゃんだったから」、「勝利くんがいたから」。インタビュー中には、何度か互いの存在を感謝し合うような会話が交わされた。弱小の吹奏楽部で湧き起こった人間ドラマ、淡い恋を爽やかに描いた映画『ハルチカ』にW主演した佐藤勝利(Sexy Zone)と橋本環奈。美しい2人の取り合わせを見ると、めくるめく恋愛模様を期待してしまうが、実のところ、息の合ったバディムービーであり、情熱をはらんだスポ根的要素が強い。クランクイン前から楽器の練習をおよそ4か月続け、市井昌秀組で新たな経験を重ねた2人は、役を演じたのではなく、役を「生きた」と声をそろえた。

「最初は敬語から始まりました。でも幼馴染みの同級生役だったので、やっぱり敬語はなしで話すことになって。撮影に入っていくうちに、だんだん吹奏楽部の皆とも仲良くなって、勝利くんはハルタとして、私はチカとして生きていたので、気づいたら役名で呼んでいました。…よね?」(橋本さん)
「うん。胸キュンならぬ、吹奏楽と胸キュンを掛け合わせて吹キュン(スイキュン)ポイントももちろんあるんですけど、何より本当の吹奏楽部ができたという感じがしました。僕は部活や吹奏楽をやったことがなかったけど、いい経験になりました。本当に、強く友情を感じました」(佐藤さん)

単行本4冊、文庫本4冊が刊行され、シリーズ累計で60万部を超える、初野晴による大ヒット小説の実写映画化となった本作で、初顔合わせとなった2人。佐藤さんは成績優秀、眉目秀麗ながら、ちょっと頼りないホルン奏者のハルタを、橋本さんはお転婆でまっすぐな愛くるしい、フルートのビギナーのチカに扮した。佐藤さんは、橋本さんの印象について、「環奈ちゃんは明るくて、みんなが周りに集まるというか。撮影に入る前もそういう印象だったんですけど、撮影が終わってもチカと環奈ちゃんの印象はほぼ変わらなかったです」と告げれば、対する橋本さんは、「勝利くんはクールなイメージがあったんですけど、実際はすごく楽しくて、明るくて。撮影現場でも、ハルタの存在があるから、皆がまとまっていました」と、芝居をする上で最高のチームワークだったと微笑み合う。

物語は、廃部寸前の吹奏楽部を立て直したいと願うチカが、幼馴染みのハルタを強制的に部員にさせ、人員を集めようと奔走する。集まった部員たちは、肩を痛めた元野球部や、吹奏楽部崩壊の歴史を知る元部員のカップル、登校拒否中のワケあり男子など、キャラクターの濃い面々がスクリーンをにぎやかに彩る。徐々に人が集まり友情が深まっていく感じは、現場も同様だった。橋本さんは、「実際に、撮影もだんだん人が増えていく感じでした。私と勝利くんは最初から部員ですけど、皆は部員になる前となった後では、演技というか、気持ちが違ったんじゃないかなって感じました」と話すと、横から佐藤さんが、「みんな早く入りたそうだったよね。仲間にしてくれって言ってたし(笑)」と、吹奏楽部の結束を楽し気にふり返った。
《text:Kyoko Akayama》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top