“悪女”有村架純、大人の色気漂う場面写真解禁! 『3月のライオン』

映画

『3月のライオン』 (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』 (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 有村架純/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
羽海野チカ原作の人気コミックを、連載10年を迎える年に大友啓史監督×主演・神木隆之介で実写映画化する『3月のライオン』。この度、本作で初の“悪女”役に挑戦した有村架純の場面写真が到着した。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零(神木隆之介)は、東京の下町にひとりで暮らしている。幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、ある事情から幸田家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。いま、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する戦いが零を待ち受ける――!

『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』『僕だけがいない街』など様々な話題作に出演する有村さんは、昨年末放送された「第67回NHK紅白歌合戦」では紅組司会を務めあげ、4月から放送スタートする連続テレビ小説「ひよっこ」では主演決定しているなど、いま最も輝いている若手女優の一人。これまで有村さんのイメージは、「正統派」「清純派」だったが、本作では初の悪女役に挑戦している。

有村さんが演じるのは、両親と妹を交通事故で亡くした桐山零が引き取られることになる幸田家の長女・香子。プロ棋士を目指していたが、父から「零に勝てないなら無理だ」と諦めさせられ、父と零に愛憎半ばの感情を抱いているという役どころだ。

このほど解禁された写真は、そんな零の隣でセクシーなランジェリーに身を包み、憂いのある表情を浮かべる香子の姿を切り取った一枚。有村さんは零に罵倒を浴びせ、泣き叫び、プライドが高く気性が激しい香子を劇中で見事演じ切り、新境地を切り開いている。

有村さんについて大友監督は、「香子の大切な感情をちゃんと捕まえてくれました。基本は親の愛情が違う方向へ向いていくのを横目で見ていた子どもの“寂しさ”ですね。零とは血の繋がっていない姉弟だから、危うい関係性がにじみ出ることを期待したのですが、その点もとてもバランスが良かった」と称賛。さらに、父の弟弟子であるプロ棋士・後藤(伊藤英明)を好きになり、微妙な関係を続けている香子について、「後藤の表面的な強さとは裏腹の弱さを許容している部分も描きたかったので、原作のイメージよりもう少し大人の女性に作り上げました」と大友監督が語る通り、今回解禁された写真からも大人の色気が伝わってくるようだ。

『3月のライオン』前篇は3月18日(土)、後編は4月22日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top