亀梨和也、リアルJKから突然のプロポーズに「タイミングが来たら(笑)」

最新ニュース

亀梨和也と土屋太鳳が3月13日(月)、主演映画『PとJK』の公開を記念して開催された春の交通安全イベントの一環で、東京・蒲田の蒲田女子高をサプライズ訪問し、約300名の女子高生たちの大歓声を浴びた。

人気漫画を原作に、真面目な警察官(Police)の功太と純粋な女子高生(JK)の歌子(カコ)の秘密の結婚生活を描き出す。

この日は、蒲田署から本物の警察官が講習に訪れたが、“特別講師”として2人がピーポくんと共に姿を見せると、リアルJKは総立ち&大歓声! 亀梨さんが挨拶する間も、土屋さんが何度も口元に人差し指をあてて、生徒たちに“しーっ”っと促すほど会場の体育館内は興奮の渦に。亀梨さんは、JKパワーに圧倒された様子で「すごいですね…。声大きくていいね!」と語る。

映画の中で女子高生を演じている土屋さんだが「3年前に卒業してまして、卒業してから女子高生を演じることが多いんですが、(笑)、現役パワーのエネルギーを感じてます!」と笑顔で語った。

土屋さんは、警察官役の亀梨さんとの共演について問われると「亀梨さんはクールなイメージがあって、あるドラマで警察に扮装するのを見たんですけど、セクシーが漏れてしまうのではと思って…」とセクシーすぎる警察官に懸念を持っていたと明かす。これに対し亀梨さんが「今日は、くるぶしあたりからセクシーが漏れてます」と語ると、女子高生たちはまた大歓声!

生徒たちからお悩み相談として質問を募ると、競うようにあちこちから手が上がる。「彼氏がずっとできない。出会いがない」と嘆く生徒に、亀梨さんは「16歳で焦ってる? まだまだいまは女性を磨く時間です。そうすれば自ずと(出会いが)訪れます」と諭す。

また「どうしてそんなにカッコいいんですか?」という質問にも、亀梨さんは「ありがとうございます。カッコいいかはわからないけど、とにかく、応援してくださる方々がいる環境が、僕を律してくれます。周りの人や一緒に仕事をするみなさんが、ダメになってるときでも亀梨和也をシャンとさせてくれるんです」と周囲のサポートのおかげで自分があるとスマートに答える。

「亀梨さんが好きすぎて困ってます! 結婚してください」というリアルJKの突然のプロポーズには「そういうタイミングが来たら僕から言います。応援しながら待っててください(笑)」と語り、会場は悲鳴のような歓声に包まれた。

さらに土屋さんと亀梨さんは、リクエストに応じて劇中のプロポーズシーンを壇上で再現するという大サービス! 最後の最後まで会場は熱気に包まれていた。

『PとJK』は3月25日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top