亀梨和也の熱量は“修造レベル” JK妻演じた土屋太鳳が告白!

最新ニュース

土屋太鳳『PとJK』初日舞台挨拶
  • 土屋太鳳『PとJK』初日舞台挨拶
  • 『PとJK』初日舞台挨拶
  • 土屋太鳳『PとJK』初日舞台挨拶
  • 土屋太鳳『PとJK』初日舞台挨拶
  • 高杉真宙『PとJK』初日舞台挨拶
  • 高杉真宙『PとJK』初日舞台挨拶
  • 玉城ティナ『PとJK』初日舞台挨拶
警察官と女子高生が送る秘密の新婚生活を描いた『PとJK』(原作三次マキ)の初日舞台挨拶が3月25日(土)、都内で行われ、夫婦役で共演する亀梨和也と土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、廣木隆一監督が出席した。

亀梨さんは初共演の土屋さんについて、「イメージ通りまっすぐで純粋。少し天然で、独特な空気感も魅力的だなと思った。会うたび、人としてすごくきれいな気持ちになれる」と大絶賛。一方、土屋さんは「私こそ、すごく助けていただいた。エンターテイナーとして、人としても大切なことを教えていただいた」と亀梨さんの温かな人柄をふり返った。

さらに土屋さんは「クールな印象が強かったんですが、実際にお会いすると元気で優しくて、面白くて…。すごい熱量をお持ちで、まるで松岡修造さんと会ったときと同じくらいの衝撃を受けました」と告白! これには亀梨さんも「本当ですか~?」と苦笑しつつ、「おお、元気か、今日は調子どうだ?」と松岡さんの口調を真似て、場内の笑いを誘っていた。

そんな“新婚夫婦”のやりとりに乗じて、共演する高杉さんも「亀梨さんと初めて共演するシーンは、すごく緊張してしまい、何度もNGを出してしまった。そんなときも、亀梨さんは『大丈夫、気にしなくていいよ』と言ってくれて…。本当に松岡さんみたいに熱い方」とコメント。さすがの亀梨さんは「えっ、僕、(松岡さんみたいに)ハチマキしていた?」と困惑しきりだった。

気を取り直して、亀梨さんは「たくさんの愛情を注いだ作品を、皆さんに手渡せる日が来て、感謝しています。皆さんの温もりで大きく育つことを願っています」とファンに感謝の意。土屋さんも「いまは大切な大切なお嫁さんを送り出す母の気持ちです」とアピールしていた。

『PとJK』は全国公開中
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top