【予告編】石橋静河×池松壮亮、最高密度の恋愛物語紡ぐ『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

映画

石橋静河と池松壮亮がW主演を務めるほか、市川実日子、松田龍平、田中哲司ら豪華キャストが出演する『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』。この度、本作の本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

舞台は2017年、東京。看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年・慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまる瞬間を描くラブストーリー。

『舟を編む』『バンクーバーの朝日』の石井裕也監督が手掛ける本作は、2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の累計27,000部の売上げを記録している、最果(さいはて)タヒによる同名詩集が原作。石井監督は、現在の東京に生きる若い男女の、優しくて愛おしい、震えるように繊細な恋愛映画として完成させた。

言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす主人公・美香役に石橋さんが抜擢され、美香と出会う慎二役を池松さんが演じるほか、共演陣には慎二と同じ工事現場で働く冴えない中年男性・岩下役を田中さん、同じく慎二の同僚・智之役を松田さんが好演。そのほか市川さん、佐藤玲、三浦貴大らが顔を揃えた。

そしてこのほど到着した予告編では、秒針を刻む音とともに、東京の喧噪の中、ただその日その日をやり過ごし、どこか居場所のない美香と慎二が出会う瞬間から始まる。また「都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ」という、美香を演じた石橋さんによる最果氏の「青色の詩」の詩の朗読に乗せ、美香と慎二が自身が抱える漠然とした不安や絶望に共鳴し合うシーンが描かれていく。さらに、エンディング曲「The Mirraz」の「NEW WORLD」が響き渡る中、最後には2人が自分と少し似た相手に出会ったことによって、想いを通じ合わせた奇跡的な瞬間も切り取られている。



『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は5月27日(土)より全国にて公開。※5月13日(土)より新宿ピカデリー、ユーロスペースにて先行公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top