京都出身の13歳・井本彩花さんが“国民的美少女”グランプリ「25歳までは恋愛しません!」

最新ニュース

井本彩花さん/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 井本彩花さん/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 井本彩花さん/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 井本彩花さん/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 審査の様子/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 審査の様子/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 井本彩花さん、上戸彩/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 井本彩花さん、上戸彩/第15回全日本国民的美少女コンテスト
  • 第15回全日本国民的美少女コンテスト
新たなスターを発掘する「第15回全日本国民的美少女コンテスト」の本選大会が8月8日(火)、都内にて開催され、京都出身の中学2年生・井本彩花さん(13歳)がグランプリの栄冠に輝いた。

1987年に第1回大会を開催した同コンテストは、これまでに、米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、忽那汐里、河北麻友子、藤谷美紀、吉本実憂、高橋ひかるらを輩出。30年目を迎えた今年は、日本からアジア、そして世界へと羽ばたく可能性を秘めた美少女スターの発掘をテーマとし、応募総数80,150通の中から、厳選なる予選審査を通過した21名がこの日の本選大会のステージに登場。ウォーキング審査、自己紹介、歌唱審査、演技審査、質疑応答に臨んだ。

グランプリの井本さんは、名前を呼ばれると、ぼう然とした表情で周りを見渡した後、感極まったのか、手のひらで口を押さえて表彰が行われるセンターステージに進んだ。マイクを持つと、「こんな私がグランプリを取れるとは思いませんでしたので、とてもビックリしました。とても嬉しいです」と心境を告げ、「本当にありがとうございます」と感謝の言葉を口にした。

母親の勧めで応募したという井本さんは、賞金300万円の使い道を尋ねられると、「家族に感謝していますので、お母さんにあげます」とにっこり。小学校1年生からクラシックバレエをやっているものの体育の授業は苦手で、得意科目は数学。周りの人からは「ちょっと抜けているね」と言われることが多いそう。「友だちからよく『天然』と言われるのですが、自分が天然なのか自覚していなくて、どういうところが天然なのかがまだ分かっていないです」とはにかんだ。

そんな井本さんの将来の夢は、「武井咲さんのような女優さんになること」。イベントには武井さんも駆け付けていたが、井本さんは「すごくきれいだなと思いました。すごく感動しました」と笑顔を弾けさせた。「大人っぽい演技ができるような女優になりたいです」、「どの役を与えられても、その場でちゃんとできる女優さんになりたいです」と女優としての抱負を語った。「もし、武井さんと共演するとしたらどんなシチュエーションで共演したい?」と質問されると、「武井咲さんが学校の先生で、私が生徒みたいな感じで、武井咲さんの授業を受けているような設定がいいです」と声を弾ませた。

井本さんは、同コンテストを主催するオスカープロモーションに所属することになるが、オスカープロモーションには“25歳まで恋愛禁止”との決まりがあるとも言われている。井本さんは“25歳まで恋愛禁止”の決まりについては、「知っています」といい、「私は好きな人とか、気になる人がいないので、そんなに気にしていないです」とコメント。「好きな人ができたらどうします?」と突っ込まれると、「25歳までは恋愛しません!」と答え、女優活動への情熱を燃やした。

「第15回全日本国民的美少女コンテスト」結果
グランプリ:井本彩花(いもと・あやか/京都府/13歳/中2)
審査員特別賞:玉田志織(たまだ・しおり/宮城県/15歳/高1)
審査員特別賞:石井薫子(いしい・かおるこ/千葉県/12歳/中1)
マルチメディア賞:竹内美南海(たけうち・みなみ/愛知県/14歳/中2)
グラビア賞:木下凜里乃(きのした・りりの/兵庫県/17歳/高2)
音楽部門賞:藤田桜恵香(ふじた・さえか/埼玉県/12歳/小6)
演技部門賞:伊丹彩華(いたみ・あやか/東京都/12歳/小6)
モデル部門賞:谷口桃香(たにぐち・ももか/滋賀県/16歳/高2)
《竹内みちまろ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top