【インタビュー】パティ・ジェンキンス監督、ワンダーウーマンに「ずっと憧れていた」

最新ニュース

パティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン』/photo:Nahoko Suzuki
  • パティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン』/photo:Nahoko Suzuki
  • ガル・ガドット/『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • パティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン』/photo:Nahoko Suzuki
  • 『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • パティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン』/photo:Nahoko Suzuki
  • ガル・ガドット/『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • 『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
  • パティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン』/photo:Nahoko Suzuki
主演女優も美しくパワフルだが、作品を手掛けた監督も美しくパワフル。そんな幸せな組み合わせにより、『ワンダーウーマン』は生み出された。しかも、映画を誰もが観た、築き上げられた作品世界、その中で活躍する主人公を愛さずにはいられない。それが『ワンダーウーマン』であり、魅惑のヒーロー、ワンダーウーマンことダイアナだ。「私自身、すっかりダイアナに惚れ込んでいるの」と、パティ・ジェンキンス監督は微笑む。

「彼女は愛と思いやりに溢れていて、戦いをなくすために戦っている。間違いなく善人ね。その一方、善悪では片づけられない世の中の複雑さも十分理解している。それでも正しいことをしようと一生懸命なの。私はもともとワンダーウーマンが大好きで、ずっと憧れていた。そして、ガル(・ガドット)に出会ったとき、彼女となら思い描くワンダーウーマンが作れると思ったの。ガルは女優としてだけでなく、人として本当に素晴らしい。だから、彼女自身の善良さがにじみ出るようにしたかったし、私は彼女の素晴らしさをキャラクターに注ぎ込むだけでよかった」。

ガル・ガドット/『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
女性戦士たちの暮らす島に生まれ、島の外を知らずに育ったダイアナはやがて力を覚醒させ、外の世界に目を向け始める。そんなとき彼女の前に現れるのが、男性パイロットのスティーブだ。ワンダーウーマン誕生譚に大きく関わる男性を、クリス・パインがクリス・パイン史上最もチャーミングに演じている。
「現在、クリスのキャリアは興味深い段階にあると思う。(『スター・トレック』シリーズの)キャプテン・カークを演じてすごく有名になったけど、その分レッテルも貼られているわよね。温かくて、面白くて、頭がよくて、格好いいクリスにとって、スティーブを演じることは彼自身の様々な魅力を生かすチャンスだったと思うわ。もちろん、すごく難しい役でもある。スーパーヒーローであるワンダーウーマンに対し、スティーブは人類を代表するキャラクターだから。年齢を重ね、戦争や世の中に疲れたスティーブの前に、ヒーローが現れる。そのヒーローは地球を救いたいと言うけど、彼は簡単なことじゃないと諭す。人間の抱える苦悩や恐れなど、いろいろなことを象徴している役どころでもあるの」。

『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
ジェンキンス監督は撮影を通し、ガルやクリスと「世の中で一番の大親友になった」そうで、ガルとは「もう4回くらい、プライベートで旅行に出掛けているわ(笑)」とのこと。一方、クリスとも「暇を見つけては一緒に食事をし、『今度は何を作る?』と話し合っている」という。そんな絆が生まれたのだから、すでに次なるプロジェクトが動き出していても不思議はない。クリスとジェンキンス監督は、“ブラック・ダリア事件”を題材にしたTVドラマで再びタッグ予定。「これから先、ガルやクリスとは何度でも一緒に作品を作っていきたいわ」と目を輝かせる。

パティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン』/photo:Nahoko Suzuki
また、シャーリーズ・セロンにオスカーをもたらした『モンスター』、シーズン1の第1話を手掛けた「THE KILLING」、ジェニファー・アニストンらと共に監督を務めた「ファイブ ある勇敢な女性たちの物語」と、これまでは女性の物語を扱うことが多かったが、「クリスと作品を撮り続ければ、そう指摘されなくなるわよね(笑)」とも。女性の物語を手掛けてきたのは、「共感できる物語が、たまたま女性の物語だっただけ」と分析する。
「フェミストの映画監督と思われることもあるけど、自分ではそう思わない。男性の監督が男性を主人公に20本の映画を作ったとしても、指摘されないでしょう? もちろん私は女性だから、女性の目線で物語を捉えている部分はあるだろうけど。『ワンダーウーマン』のおかげで、女性を主人公にした作品の依頼も舞い込むと思う。でも、オープンな気持ちでいるわ。物語が面白ければ何でもいいの。例えば、歴史上の男性の偉人が描かれることは多いけど、女性の偉人は意外と描かれていない。そういうのも撮ってみたいわね」。

『ワンダーウーマン』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
「私自身、多くの映画に影響を受けてきた」と語るように、映画への愛はもちろん深い。ジェンキンス監督にとって、映画は「大きなもの」だそうだ。
「これまで見たことのないようなものを見せてくれたり、大きなものを突きつけてくるのが映画。そんな映画との出会いを子どもの頃から繰り返し、ここまで来たの。映画って、まだまだ若い芸術でしょう? 音楽や文学に比べて、歴史が浅い。けれど、映画はいわば総合芸術で、言葉があり、音楽があり、人がいる。すごく大きなものよ。映画からインスピレーションを受けるということは、そのすべてから影響を受けることでもあるの」。

影響を受けた作品を1作だけ訊くと、「私の中にずっと残っている1本」と言い、1978年にクリストファー・リーヴ主演で製作された『スーパーマン』を挙げる。
「7歳のときに初めて観て、興奮して、泣いたわ。スーパーマンとロイス・レーンが2人で空を飛ぶシーンが、驚くほどロマンティックだったの。もしかしたら、あのとき感じた気持ちを観客と共有するために、私は映画監督を続けているのかもしれないわね」。

パティ・ジェンキンス監督『ワンダーウーマン』/photo:Nahoko Suzuki
《text:Hikaru Watanabe/photo:Nahoko Suzuki》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top