滝藤賢一&伊藤ゆみ&杉本哲太らクランクアップ!「コード・ブルー」

最新ニュース

井上宣顕 ・・・ 滝藤賢一「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(C)フジテレビ
  • 井上宣顕 ・・・ 滝藤賢一「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(C)フジテレビ
  • 町田響子 ・・・ 伊藤ゆみ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(C)フジテレビ
  • 西条 章 ・・・ 杉本哲太「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(C)フジテレビ
  • 緒方博嗣 ・・・ 丸山智己「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(C)フジテレビ
  • 広田扶美 ・・・ 下垣真香「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(C)フジテレビ
  • 天野 奏 ・・・ 田鍋梨々花「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(C)フジテレビ
9月18日(月)の最終回が近づき物語の展開もクライマックスを迎えている「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」。現場では出演者たちのクランクアップが立て続いており、先日は椎名桔平演じる橘一家がクランクアップ。そしてこの度、丸山智己、伊藤ゆみ、滝藤賢一、杉本哲太らがクランクアップを迎えた。

緒方博嗣役の丸山智己は緋山美帆子役の戸田恵梨香から花束を贈呈される中、笑顔満面のクランクアップ。第9話で、今後会うことをやめようと緒方は緋山に提案。2人の未来はどちらに向かっていくのか…。緋山より一足先にクランクアップした緒方を演じた丸山さんは「幸せなシーンをいつもやらせいていただき、本当に幸せでした。戸田さんにはいつも引っ張っていただきありがとうございました。まだまだ大変なシーン(の撮影)が残っているようですが体に気を付けてがんばってください!」とスタッフにねぎらいの言葉をかけた。

CS(コミュニケーションスペシャリスト)町田響子役を演じてきた伊藤ゆみもクランクアップ! 「『コード・ブルー』という大きな作品に出演させていただいて、心から感謝しています。このような素晴らしいチームと一緒にお仕事できたことを自信に変えて、今後も頑張っていきたいと思います」。

そして看護師として任務を全うする広田扶美役、下垣真香もクランクアップ。自信を失った灰谷に繰り返し同じ確認をされて困惑させられることもあった広田は、どんな結末を迎えるのか。下垣さんは「ファーストシーズンから見ていた『コード・ブルー』に出演させていただけて、心から幸せに思いました。医療シーンなど過酷で大変だけど、『コード・ブルー』のキャストの皆さんやスタッフの皆さんとの“絆”があるからこそ乗り越えられる現場だなと感じました。レギュラーキャストの皆様には大変良くしていただき、とても心強く、最後まで広田としてやり遂げることが出来ました。ありがとうございました」と感謝を伝えた。

脳の手術後、手の震えが止まらずリハビリもままならない天野奏。奏のことを思い悩む藍沢。二人にはどんな未来が待っているのでしょう。厳しい現実を突きつけられる奏を演じてきた田鍋梨々花は、涙のクランクアップとなったようで、「初めてのドラマ出演が『コード・ブルー』なんて夢みたいで、ドキドキでしたがこんな素敵な作品に出演させていただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです!! これからも色々な作品に出演してもっと演技が上手な女優になりたいです!」と今後の活動への意欲を見せた。

心臓移植を受けることになった優輔ら橘一家に寄り添ってきた井上宣顕役、滝藤賢一。親友の息子でもあり大事な患者でもある優輔を見守ってきた井上にとってもいよいよ正念場…果たして移植手術は成功するのか? 「途中から合流させていただくのが久しぶりで自分でも信じられないくらい緊張してしまいました。(椎名)桔平さんやりょうさんとご一緒だと、更に緊張してしまいまして。本当はもうちょっといい芝居をできるんですよ(笑)。ありがとうございました」と笑いを入れた挨拶を寄せた。

そして、脳外科部長の西条章演じる杉本哲太もついにクランクアップ! トロント大学へ藍沢を推薦し続けている西条先生ですが藍沢の安否が危ぶまれる中この先どうなるのでしょう。杉本さんは「こうして(『コード・ブルー』に)呼んでいただけるのがうれしかったです。いよいよラストスパート、最後までがんばってください!」

クランクアップの瞬間まで輝きを放つ出演者の活躍を、最終回でぜひ確認してほしいところだ。

「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」最終回の放送は9月18日(月)21時~30分拡大で放送。

<最終回あらすじ>


地下鉄開通前の線路内で崩落事故が発生したとドクターヘリ要請が入った。藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、冴島はるか(比嘉愛未)、藤川一男(浅利陽介)、名取颯馬(有岡大貴)、横峯あかり(新木優子)、雪村双葉(馬場ふみか)たち救命チームが総動員体制で現場に向かう。心の傷が癒えていない灰谷俊平(成田凌)は患者の受け入れのために橘啓輔(椎名桔平)と病院に残った。

藍沢たちが事故現場の蒔田中央駅コンコースに到着すると大人数でごった返している。開通記念の見学イベントが開催されていたため、一般参加者が300人もいたらしい。医療者たちの指揮を任された白石は、藍沢と藤川を地下2階の崩落現場へ向かわせる。冴島は思わず「行かないで」と藤川に言ってしまう。しかし、藤川は冴島を残して地下へと降りた。

藍沢、藤川から重症者の報告を聞いた白石は、2人にその場で治療を継続するよう伝える。新海広樹(安藤政信)も現場に来た。その頃、緋山と名取は藍沢たちとは別の地点で頭部外傷の妊婦を見ていたが助かりそうにない。緋山は傍にいる妊婦の夫に、母体は助からないが子どもの命は救えるかもしれないと話す。

一方、治療を続けていた藍沢は肩口に地下水が滴り落ちていることに気づいた。次の瞬間、頭上から大量の土壌が崩れ落ちて来る。地下2階で再崩落が発生してしまった。患者だけではなく消防などの救助隊、そして藍沢たち医療者は無事なのだろうか。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top