阿部サダヲ、竹野内豊を誇らしげにアピール?「竹野内さんって優しいんですよ!」

最新ニュース

阿部サダヲ&竹野内豊/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 阿部サダヲ&竹野内豊/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 阿部サダヲ&竹野内豊&蒼井優&松坂桃李&白石和彌監督/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 阿部サダヲ&竹野内豊&蒼井優/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 蒼井優/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 阿部サダヲ/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 阿部サダヲ&竹野内豊&蒼井優&松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
  • 阿部サダヲ&竹野内豊/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
蒼井優、阿部サダヲのW主演で贈る映画『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶が10月28日(土)、都内にて行われ、蒼井さん、阿部さんに加え、出演した松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督が一堂に会した。挨拶中、阿部さんのマイクの音が急に出なくなるというハプニングに襲われたが、出演陣が一斉にマイクを差し出すというほほえましい事態に。中でも、とっさに渡した竹野内さんの姿に、観客が「優しい~!」とメロメロになると、阿部さんが「竹野内さんって、優しいんですよ!」となぜか誇らしげにしていた。

>>あらすじ&キャストはこちらから

阿部サダヲ&竹野内豊&蒼井優&松坂桃李/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
『彼女がその名を知らない鳥たち』は、究極の愛を描いた物語。8年前に別れた男・黒崎(竹野内さん)を忘れられない十和子(蒼井さん)は、いまは15歳上の男・陣治(阿部さん)と暮らし、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる水島(松坂さん)と関係を持ち情事に溺れていくが、陣治が執拗に自分をつけ回していることに気づいてしまう。

本作で、自分勝手に見える女を熱演した蒼井さんは、阿部さん、松坂さん、竹野内さんと三種三様のベッドシーンを担当した。その様子をふり返った蒼井さんは、「ロケ地も違うので、全然違いました。阿部さんのところは本当に汚いところばかり(笑)。松坂さんとはキラキラしたような、ライトがキレイなところが多くて。竹野内さんとは嘘みたいなロケ地で、白い砂浜とかで撮影していました」と笑顔を見せ、「3本の作品を撮っているような感覚でした」と贅沢な撮影を思い出していた様子だった。

蒼井優/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
これまで演じたことのない最低のクズ男を演じ、新境地を拓いた竹野内さんは、「なぜ私に声をかけてくれたのかなって…」という疑問を白石監督にぶつけたと述懐。白石監督は、「いままで映画でクズをいっぱい撮ってきているんですけど、黒崎は擁護のしようがないクズ」と竹野内さんの役を説明したのち、「とはいえ、台本では描ききれていない黒崎の人生があり、哀しみや孤独さとかがないまぜになっている。描き切れないからこそ、竹野内さんにやっていただければ、存在としていろいろなものを表現できるだろうとオファーしました」と、全幅の信頼を寄せていたことを明かした。

竹野内豊/『彼女がその名を知らない鳥たち』初日舞台挨拶
舞台挨拶の最後、蒼井さんは本年7月6日に舞台出演中に転落し亡くなった中嶋しゅうについて、想いを語った。「(『彼女がその名を知らない鳥たち』は)中嶋しゅうさんの最後の映像作品です。偉大な偉大な先輩で、芝居の面白さを私に教えてくださった方。演劇で共演していて映像がなかったので、差し出がましいですけど『國枝役は、しゅうさん、どうですか?』と監督に(提案)させていただいて、私の夢がかなって今回ご一緒できました。びっくりするほど気持ちの悪い役ですけど(笑)、しゅうさんらしくて愛らしい方なんです。しゅうさんの姿と松坂さんの熱演を目に焼き付けていただけたらと思います」。

『彼女がその名を知らない鳥たち』は全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top