新田真剣佑、まぶしすぎて直視不能!? 新人刑事を熱演『不能犯』

映画

新田真剣佑『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 新田真剣佑『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 新田真剣佑『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 沢尻エリカ/『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 『不能犯』本ポスター(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
立証不可能な犯罪の影に現れる謎の男とそれを追う刑事として、松坂桃李と沢尻エリカが死闘を繰り広げるスリラー・エンタテインメント『不能犯』。このほど、沢尻さんの部下である熱血新人刑事役を好演する新田真剣佑の、初々しさ全開の場面写真が解禁された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の人気漫画を原作として映画化された本作。

その中で、新田さんが扮する百々瀬麻雄は、ただただ真っ直ぐな猪突猛進タイプで、上司の多田(沢尻さん)にはなかなか認めてもらえず、“名前すら呼んでもらえない”という熱血新人刑事。大ヒット青春映画『ちはやふる 上の句/下の句』で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝き、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『ピーチガール』などの話題作に続々と出演、今後も来年3月に『ちはやふる 結び』、4月に日本公開を控えるハリウッド超大作『パシフィック・リム』続編に挑むなど、話題作への出演が絶えない新田さんが、初々しさ全開のキャラクターを演じるということで注目を集めている。

劇中では、遺体を前にキビキビとした動きで検分する多田とは対照的に、思わず「うわ!」と思わず声を漏らしたり、<不能犯>である宇相吹(松坂さん)を捕まえるべく、がむしゃらに奔走したりする新人らしい姿、飲食店で喧嘩をするカップルをほっておけず、正義感を持って制止する姿など、その熱血キャラを好演。

新田真剣佑『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
新田さんは百々瀬を演じるにあたり、「新人刑事なので、新人らしく元気にハキハキとした感じで、お芝居もストレートに臨もうと思いました」と役づくりについて明かしており、白石晃士監督も「まだまだ底知れない魅力があるなと感じました」と絶賛のコメントを寄せているという。

「立証不可能犯罪」を鍵に、誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴くを描く『不能犯』。不穏な空気に満ちたスリラー・エンターテインメントにさす一筋の希望として、“まぶしすぎる”新人刑事・百々瀬の活躍に期待したい。

『不能犯』は2018年2月1日(木)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top